コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラエビ(白蝦) シラエビPasiphaea japonica

世界大百科事典 第2版の解説

シラエビ【シラエビ(白蝦) Pasiphaea japonica】

体長8cmほどの甲殻綱オキエビ科のエビで,素干し,あるいは食紅で染めて乾燥し,サクラエビの代用とされる(イラスト)。生きているときは無色透明であるが,死ぬと乳白色となるためベッコウエビとも呼ばれる。卵は美しい青緑色。体は左右に著しく平たい。頭胸部は短く,体長の1/3に達しない。額角は痕跡的で小さく,やや上方を向く単なるとげにすぎない。第1,2胸脚は大きく,ともにはさみをもち,また,長節内縁に多数のとげが鋸歯状に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シラエビ(白蝦)の関連キーワード製材アンズタケ(杏茸)インコアナナスカラッパガンゼキラングリスボックシメジ(占地)内印ナメコ(滑子)ヒエガエリ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android