コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラタマノキ

百科事典マイペディアの解説

シラタマノキ

シロモノとも。北海道,本州,北東アジアの亜高山にはえるツツジ科の常緑小低木。高さ10〜30cm,葉は互生し,楕円形で厚く革質,網脈がはっきりしている。6〜7月,長さ2〜5cmの総状花序を出し白色鐘形の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シラタマノキ【Gaultheria miqueliana Takeda】

日当りのよい乾いた岩地に生えるツツジ科の常緑小低木。秋に白色球形の1cmほどの液質の果実をつける。茎は多くの枝に分かれ,下部は地をはって広がり,上部は斜上する。葉は互生し,楕円形で厚くつやがあり,長さ1.5~3cm,幅0.8~2cm,鈍鋸歯がある。6~7月,枝先に総状花序をつくり,3~5個の花をつける。花はつぼ形で,先は浅く5裂し,白色で下向きに開き,径6mm。おしべは10本。の先には4本の角状突起があり,先端で開孔する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラタマノキ
しらたまのき / 白玉木
[学]Gaultheria miqueliana Takeda

ツツジ科の常緑小低木。高さ10~30センチメートル。葉は楕円(だえん)形で長さ1~3センチメートル、革質で表面は細脈がへこみ、縁(へり)に鈍い鋸歯(きょし)がある。6~7月、短い総状花序をつくり、壺(つぼ)状の白色花を1~6個、下向きに開く。花冠は長さ5ミリメートル、先は浅く5裂する。花期後、萼(がく)は肉質に肥大して(さくか)を包み、径約1センチメートルの球形で白色の偽果になる。亜高山帯から高山帯に生え、鳥取県大山(だいせん)および中部地方以北の本州、北海道からアリューシャン列島に分布する。果実や枝葉をつぶすと冬緑油(とうりょくゆ)とよぶサリチル酸メチルエステルがあるので、「サロメチール」のようなにおいがする。近縁種のヒメコウジは北アメリカ原産で、良質の冬緑油を含み、菓子、歯みがき用の香料、軟膏(なんこう)などに配合する。名は、果実が白色の球形であることによる。シラタマノキ属はアジア東部、オーストラリア、アメリカに100種以上ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シラタマノキの関連キーワード比婆道後帝釈国定公園小林義雄日当り冬緑油

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シラタマノキの関連情報