コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラネアオイ

3件 の用語解説(シラネアオイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シラネアオイ

北海道,本州中北部の深山の林内にはえるシラネアオイ科多年草。茎は高さ15〜50cm,やや太く,上方に2枚の葉がつく。葉は掌状に中裂し,幅10〜20cm。花は初夏,茎頂に1個つき,径5〜10cm,淡青紫色の萼片が4枚あって美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シラネアオイ【Glaucidium palmatum Sieb.et Zucc.】

1種1属1科の,日本に固有な植物で,シラネアオイ科に分類される(イラスト)。中部以北の雪の多い地方の林の縁や中,また雪渓や雪田のそばなどにも生える。ふつう高さ15~40cm,花後は伸長して60cmに達する。根茎は横にはい,花茎には2~4枚の茎葉と,基部にはふつう1枚の根生葉がある。根生葉は長い葉柄をもち,葉身は大きく,5~11中裂し,鋭い鋸歯がある。茎葉は小さく,葉柄も短く,上部のものはほとんど無柄となり,しばしば分裂しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラネアオイ
しらねあおい / 白根葵
[学]Glaucidium palmatum Sieb. et Zucc.

シラネアオイ科の多年草。1属1種のみからなる、代表的な日本の特産植物である。地下茎は太く横にはう。茎は高さ20~50センチメートル、基部には鱗片(りんぺん)状に退化した葉がある。葉は円腎(えんじん)形で、5~11中裂し、先は鋭くとがる。5~8月、淡紫色で径約10センチメートルの大きな花を開く。花弁はなく、花弁状の萼片(がくへん)が4枚ある。果実は扁平(へんぺい)でやや四角形の袋果で、広い翼をもつ種子が多数ある。山地の林縁や草原に生え、中部地方以北の本州から北海道の日本海側多雪地に分布する。日光の白根山に多くみられ、花がアオイの花に似ているので、この名がある。本種はこれまでキンポウゲ科に属するものと考えられてきたが、果実の裂開の仕方や雄しべのでき方などに他ではみられない特徴があり、独立した科に所属することが最近明らかにされた。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラネアオイの関連キーワード雑草胚珠マイコプラズマ藺草固有性固有法自色背高泡立草時知らず鈴懸の木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シラネアオイの関連情報