コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリマン シリマンSilliman, Benjamin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリマン
Silliman, Benjamin

[生]1779.8.8. ノーススタンフォード
[没]1864.11.24. コネティカット,ニューヘーブン
アメリカの地質学者,化学者。エール大学で法律を学び,卒業 (1796) 後も大学に残る。 1802年,化学および博物学の教授就任を要請され,フィラデルフィア医学校の R.ヘアのもとで学び,04年エール大学教授に就任し,53年名誉教授となって引退するまでその職にあった。教育者,科学啓蒙家としてすぐれ,多くの化学者を養成するとともに,広く鉱物学標本を収集,またシェフィールド科学校を創設するなど,同大学の発展に貢献した。 1818年に『シリマン雑誌』として知られた"American Journal of Science and Art"(のちに"American Journal of Science")を創刊し,世界最大の科学雑誌の1つにした。なお鉱物のシリマナイト (ケイ線石) は彼の名にちなんで命名された。

シリマン
Silliman, Benjamin

[生]1816.12.4. コネティカットニューヘーブン
[没]1885.1.14. コネティカット,ニューヘーブン
アメリカの化学者。 B.シリマンの子。ルイビル大学で医化学,毒物学を講じたのち,父の跡を継いでエール大学化学教授 (1854) 。原油の精製,蒸留によって得られる諸成分物質の利用価値に関する報告を発表 (1855) ,その後の石油化学工業の道をひらいたことで知られる。また"American Journal of Science"の編集に従事し,科学の普及に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シリマン【Benjamin Silliman】

1779‐1864
アメリカの化学者,地質学者,自然科学教育家。1802年イェール大学の化学と博物学の初代教授に任ぜられ,以後53年まで在職。1818年に《アメリカ科学工芸雑誌American Journal of Science and Arts》を創刊,化学の教科書《化学要綱Elements of Chemistry》(1830‐31)の執筆,化学と地質学の各地での公開講演(1834初演),各種科学会の創設・強化,と幅広く自然科学の啓発に貢献した19世紀前半のアメリカ科学界のリーダー。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシリマンの言及

【ランプ】より

…これは灯火を明るくして,長時間点火できるように,油壺を灯芯よりも高いところに設置した形式であった。これに次ぐ画期的な改良は,炎を風から保護して,なおかつ光が遮られないように,ガラス製の〈ほや〉をつけたフランスの薬剤師カンケAntoine Quinquet(1745‐1803)創案のカンケ灯(ケンケ灯ともいう),スイスの化学者アルガンAimé Argand(1755‐1803)が創案したアルガン灯(筒形の灯芯部分に油壺を直結した形式),そして最終的な石油ランプの基本形式を生み出したのが,アメリカのB.シリマンであった。動物油や植物油に代わって石油を使うことによって灯芯が自動的に油を吸い上げて,明るい光源をつくり出すことができたから,シリマンの石油ランプは,従来のオイル・ランプを消滅させて,1870~80年代には,ほとんど世界中に普及していった。…

※「シリマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シリマンの関連キーワードデーナ(James Dwight Dana)ドゥマゲテ8月8日珪線石デーナ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シリマンの関連情報