コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロイワヤギ シロイワヤギOreamnos americanus; mountain goat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロイワヤギ
Oreamnos americanus; mountain goat

偶蹄目ウシ科。体長 1.5m,体高 1m内外。ヤギという名がついているが,カモシカ近縁の動物である。 30cm近い黒色の角をもつ。肩の部分が瘤のように高まり,ヤギのように顎ひげがある。体色は白または黄白色。岩登りが巧みで,高山の森林限界付近で1対または小群で生活する。北アメリカロッキー山脈を中心に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロイワヤギ
しろいわやぎ / 白岩山羊
Rocky mountain goat
[学]Oreamnos americanus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。北アメリカのロッキー山脈、北緯44~65度の範囲にあるブリティッシュ・コロンビア、アルバータ、アイダホ、モンタナなどに分布する。ロッキーヤギまたシロカモシカともよばれる。頭胴長130~160センチメートル、肩高90~110センチメートル、体重80~140キログラム。体形は肩がこぶ状に高まり、腰のほうが低弱である。足は太くて頑丈。角(つの)は雌雄ともにあり、最長29センチメートルで後方に曲がりサーベル状。角の後方に1対の腺(せん)があり、眼下腺と蹄間(ていかん)腺は退化する。被毛は黄白色で、夏毛は短く、冬毛は長く垂れ下がり、下毛は密な羊毛状となる。鼻境、角、ひづめは黒い。雌雄ともあごひげがある。高山性で、森林限界上部の岩石地帯に2~20頭ぐらいの小群で生活し、岩登りが巧みである。蘚苔(せんたい)類、地衣類をはじめ草や低木の枝などを主食とする。繁殖期は4月から5月ごろで、1産1~2子を産む。妊娠期間約147日。ピューマ、オオカミなどが幼獣を襲うが、最大の敵は春先の雪崩(なだれ)である。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シロイワヤギの関連キーワードサリシュ族アルバータ州

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android