コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロイワヤギ シロイワヤギ Oreamnos americanus; mountain goat

2件 の用語解説(シロイワヤギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロイワヤギ
シロイワヤギ
Oreamnos americanus; mountain goat

偶蹄目ウシ科。体長 1.5m,体高 1m内外。ヤギという名がついているが,カモシカに近縁の動物である。 30cm近い黒色の角をもつ。肩の部分が瘤のように高まり,ヤギのように顎ひげがある。体色は白または黄白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロイワヤギ
しろいわやぎ / 白岩山羊
Rocky mountain goat
[学]Oreamnos americanus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。北アメリカのロッキー山脈、北緯44~65度の範囲にあるブリティッシュ・コロンビア、アルバータ、アイダホ、モンタナなどに分布する。ロッキーヤギまたシロカモシカともよばれる。頭胴長130~160センチメートル、肩高90~110センチメートル、体重80~140キログラム。体形は肩がこぶ状に高まり、腰のほうが低弱である。足は太くて頑丈。角(つの)は雌雄ともにあり、最長29センチメートルで後方に曲がりサーベル状。角の後方に1対の腺(せん)があり、眼下腺と蹄間(ていかん)腺は退化する。被毛は黄白色で、夏毛は短く、冬毛は長く垂れ下がり、下毛は密な羊毛状となる。鼻境、角、ひづめは黒い。雌雄ともあごひげがある。高山性で、森林限界上部の岩石地帯に2~20頭ぐらいの小群で生活し、岩登りが巧みである。蘚苔(せんたい)類、地衣類をはじめ草や低木の枝などを主食とする。繁殖期は4月から5月ごろで、1産1~2子を産む。妊娠期間約147日。ピューマ、オオカミなどが幼獣を襲うが、最大の敵は春先の雪崩(なだれ)である。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロイワヤギの関連キーワードタールバイソンマーコールアノアインパラガウアヤギュウ(野牛)クープレージャコウウシ(麝香牛)シロイワヤギ(白岩山羊)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロイワヤギの関連情報