コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロネ(白根) シロネLycopus lucidus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロネ(白根)
シロネ
Lycopus lucidus

シソ科の多年草。北半球の温帯の水湿地に広く分布し,日本のほぼ全域で湿地や流れのへりなどにみられる。地下茎白色で太い。茎は直立し四角柱状で高さ 1m内外となり,対生する葉を密につける。葉は長さ6~13cmの広披針形で両端がとがり,縁に鋭い鋸歯がある。夏から秋にかけて,葉腋に長さ 5mmほどの白色の唇形花を多数つける。地下茎先端の肥厚した部分を食用にする。和名は地下茎が白いのでこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シロネ【シロネ(白根) Lycopus lucidus Turcz.】

水辺の湿地に生えるシソ科の多年草(イラスト)。地下茎は横にはい,やや肥厚して白色。茎は直立し,四角形で分枝せず,高さ1m内外に達する。葉は対生して多数あり,狭長楕円形で長さ6~13cm,毛がなく,やや硬くて表面は光沢がある。花は白色で小さく,8~10月ころ,茎の上部にある葉腋(ようえき)に数個ずつむらがってつく。花冠は4裂し,直径約5mm。おしべは2本,果実は長さ約2mmの分果。日本,中国と北アメリカに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シロネ(白根)の関連キーワード水辺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android