コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロネ

百科事典マイペディアの解説

シロネ

北海道〜九州,東アジア北アメリカ湿地にはえるシソ科多年草。地下に白い根茎があるのでこの名がある。高さ60〜100cm,節が黒い。葉は対生し,披針形で長さ6〜12cm,縁にはあらい鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロネ
しろね / 白根
[学]Lycopus lucidus Turcz.

シソ科の多年草。白く横にはう地下茎がある。茎は直立して分枝せず、四角形で高さ約1メートル。葉は対生して多数つき広披針(こうひしん)形、長さ8~12センチメートル、堅くて光沢があり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。8~10月、葉腋(ようえき)に白色の小花を開く。花冠は長さ約0.5センチメートル、上唇は短く2浅裂し、下唇はやや大きく3裂する。萼(がく)は5裂し、裂片の先は針状にとがる。湿地に生え、日本全土、および東アジア、北アメリカに分布する。名は、地下茎が白いところからついた。
 シロネ属はアジアと北アメリカに十数種ある。ヒメシロネL. maackianus (Maxim.) Makinoはシロネに似るが、小形で葉は長さ4~8センチメートル。東アジアから東シベリアに分布する。サルダヒコL. ramosissimus Makinoは多く枝を出し、葉は菱(ひし)状狭卵形。日本および中国に分布する。この変種コシロネは茎が直立し、あまり分枝しない。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シロネの関連キーワードジメチルアミノアゾベンゼンダイコクネズミヒメシロネ蝦夷小白根畑井新喜司オロット酸サルダヒコエソロジードブネズミ吉田富三アルビノ腹水腫瘍発癌物質湿生植物吉田肉腫催乳剤大黒鼠八丁池ラット寿命

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android