コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワ Siwa

世界大百科事典 第2版の解説

シワ【Siwa】

エジプト西部,リビア砂漠の中央部に位置するオアシスの町。住民は約3500人。古代エジプトではタThaもしくはタイThayと呼ばれていたらしい。ヤークートの地理書によると,中世にはサンタリーヤSantarīyaと呼ばれ,エジプト最西端のオアシス都市で,住民のほとんどはベルベルであると記されている。砂漠の中の町としてのほかに,この町は海面下約30mという特徴があり,付近にはたくさんの塩湖が散在し,大低地地帯を形成している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シワ
しわ
Siwa

エジプト北西部、リビア砂漠の北辺にあるオアシス都市。地中海岸から内陸へ200キロメートル、リビアとの国境に近いカッターラ低地の西に位置する。人口4999(1976)。東西160キロメートル、南北20キロメートルの盆地をなし、最低所は海面下27メートルである。200の湧泉(ゆうせん)からの水で最良質のナツメヤシ50万本が栽培されるほか、オリーブ、オレンジ、野菜も栽培される。エジプトからリビアへの交通路に位置し、古くから栄えたオアシスで、古代神殿の遺跡もある。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シワの関連情報