コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクタンク think tank

翻訳|think tank

百科事典マイペディアの解説

シンクタンク

頭脳集団などと訳す。各分野の専門家を広く集めた高度な研究組織。企業や政府機関などの依頼により,現状分析,未来予測,技術開発などを行い,経営戦略や政策決定に必要な知識や情報を提供する。特定の組織に従属しない独立の組織であること,多くの専門分野にわたる知識の総合化,システム化を行うこと,長期的視野に立つ未来指向型であることなどが特徴。米国ではバッテル研究所,スタンフォード研究所ランドなどが代表例。日本では野村総合研究所三菱総合研究所が代表的。
→関連項目英国国際戦略研究所

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

タレントデータバンクの解説

シンクタンク


グループ
シンクタンク

グループメンバー
タンク/シンク

職種
お笑い

プロフィール
タンクとシンクにより、1993年に結成されたお笑いコンビ。主に漫才を披露。漫才のネタは、太っているタンクが自らの体型をネタにするものが多い。主な出演作は、NHK『爆笑オンエアバトル』、『バラエティー生活笑百科』、本『うめだ花月芸人読本』、お笑いライブ『よしもと祇園花月』など多数。

代表作品
バラエティー『爆笑オンエアバトル』 / 本『うめだ花月芸人読本』 / お笑いライブ『よしもと祇園花月』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シンクタンク【think tank】

公共政策や企業戦略の策定に資することを目的とした研究を行う組織をいう。think factory,brain bankなどの表現が用いられることもあり,日本ではシンクタンクや総合研究所という言葉を用いることが多い。語源は明確でないが,1900年代初頭に頭脳を意味するイギリスのスラングとして登場した。第2次世界大戦のときに軍事用語として,アメリカ軍で戦略や計画が練られる機密保持室という意味で一般的に使われた。研究機関を指す言葉としては,1960年前後に《ニューヨーク・タイムズ・マガジン》が,ランド・コーポレーションに対して使ったのが最初といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シンクタンク【think tank】

さまざまな領域の専門家を集めた研究機関。社会開発や政策決定などの問題や経営戦略などについて、調査・分析を行い、問題解決や将来予測などの提言をする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シンクタンクの関連キーワード国際危機グループ(ICG=International Crisis Group)ジョリーロジャー ~謎の文明と海賊島~三菱UFJリサーチ&コンサルティング米海軍大学中国海事研究所(CMSI)ジョン・デービッド ポデスタピーターソン国際経済研究所マイケル アームストロングソーシャルキャピタル指数消費増税の家計負担と税収チャールズ ファーガソン日本総合研究所[株]新外交イニシアティブ野村総合研究所[株]富士総合研究所[株]三菱総合研究所[株]ステルス戦闘機殲20人気企業ランキング国際開発センター日本統計センター米国の無人機攻撃

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シンクタンクの関連情報