コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクタンク シンクタンクthink tank

翻訳|think tank

5件 の用語解説(シンクタンクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シンク‐タンク(think tank)

種々の分野の専門家を集め、国の政策決定企業戦略基礎研究コンサルティングサービス、システム開発などを行う組織。頭脳集団

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シンクタンク

頭脳集団などと訳す。各分野の専門家を広く集めた高度な研究組織。企業や政府機関などの依頼により,現状分析,未来予測技術開発などを行い,経営戦略や政策決定に必要な知識や情報を提供する。
→関連項目英国国際戦略研究所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

タレントデータバンクの解説

シンクタンク


グループ
シンクタンク

グループメンバー
タンク/シンク

職種
お笑い

プロフィール
タンクとシンクにより、1993年に結成されたお笑いコンビ。主に漫才を披露。漫才のネタは、太っているタンクが自らの体型をネタにするものが多い。主な出演作は、NHK爆笑オンエアバトル』、『バラエティー生活笑百科』、本『うめだ花月芸人読本』、お笑いライブ『よしもと祇園花月』など多数。

代表作品
バラエティー『爆笑オンエアバトル』 / 本『うめだ花月芸人読本』 / お笑いライブ『よしもと祇園花月』

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シンクタンク【think tank】

公共政策や企業戦略の策定に資することを目的とした研究を行う組織をいう。think factory,brain bankなどの表現が用いられることもあり,日本ではシンクタンクや総合研究所という言葉を用いることが多い。語源は明確でないが,1900年代初頭に頭脳を意味するイギリススラングとして登場した。第2次世界大戦のときに軍事用語として,アメリカ軍で戦略や計画が練られる機密保持室という意味で一般的に使われた。研究機関を指す言葉としては,1960年前後に《ニューヨーク・タイムズ・マガジン》が,ランドコーポレーションに対して使ったのが最初といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シンクタンク【think tank】

さまざまな領域の専門家を集めた研究機関。社会開発や政策決定などの問題や経営戦略などについて、調査・分析を行い、問題解決や将来予測などの提言をする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンクタンクの関連情報