コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクレア シンクレア Sinclair, Upton(Beall)

6件 の用語解説(シンクレアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンクレア
シンクレア
Sinclair, Upton(Beall)

[生]1878.9.20. メリーランドボルティモア
[没]1968.11.25. ニュージャージーバウンドブルック
アメリカの小説家。 15歳頃から文筆で生計を立て,ニューヨーク市立大学コロンビア大学大学院で学んだ。社会主義の洗礼を受け,シカゴ缶詰工場の内情を暴露した『ジャングルThe Jungle (1906) で一躍有名になり,その印税で社会主義の村ヘリコン・ホームコロニーを建設したが,失火のため1年で挫折した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シンクレア(Upton Beall Sinclair)

[1878~1968]米国の小説家。社会主義的傾向の作品を発表、政治運動にもかかわった。作「ジャングル」「ボストン」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シンクレア

米国の作家,社会評論家。南北戦争を扱った小説《マナッサス》(1904年)に次いで,1906年に《ジャングル》を出版して名声を博した。これは社会主義の立場からシカゴの食肉工場の内幕を暴露したもので,以後もサッコ=バンゼッティ事件を扱った《ボストン》(1928年)などを書き,また実践活動を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シンクレア【Upton Beall Sinclair】

1878‐1968
アメリカの小説家,社会評論家。ボルティモアの没落名門の出。苦学してニューヨーク市立大学卒業後,コロンビア大学の大学院に学びながら歴史小説等を書く。やがて社会主義者たちと交流,社会悪摘発の筆をとり始め,暴露小説《ジャングル》(1906)はベストセラーとなった。その印税で同年,ニュージャージーに実験的共同体ヘリコン・ホーム・コロニーHelicon Home Colonyを建設したが,失火などですぐに挫折した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シンクレア【Upton Beall Sinclair】

1878~1968) アメリカの小説家。社会主義運動にも参加。代表作「ジャングル」「ボストン」「ラニー-バッド叢書」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンクレア
しんくれあ
Upton Sinclair
(1878―1968)

アメリカの小説家、社会評論家。9月20日ボルティモアに生まれる。15歳から文筆で自活、ニューヨーク市立大学卒業後、コロンビア大学で学ぶかたわら、歴史小説『マナッサス』(1904)を含む6編の小説を発表。社会主義的傾向の長編小説『ジャングル』(1906)で一躍有名になった。この作品はシカゴの缶詰工場の実態を描いた暴露小説で、ベストセラーとなる。その印税収入をニュー・ジャージー州のヘリコン・ホーム・コロニー(一種のアメリカ版「新しき村」)建設に投じたが、計画は失火事故のため1年で挫折(ざせつ)した。1915年カリフォルニアに移り、政治運動に携わり、1934年州知事に立候補したが敗れた。以来100冊に及ぶ小説や評論で社会主義作家として活躍する。『ジャングル』のほか、コロラドの炭鉱ストライキを扱った『石炭王』(1917)、平和主義を説く『ジミー・ヒギンズ』(1919)、石油企業の醜聞を暴いた『オイル!』(1927)、サッコ‐バンゼッティ事件を扱った『ボストン』(1928)さらにラニー・バッドを主人公とする11巻の連作小説(『世界の終わり』『ラニー・バッドの帰還』など)がある。ほかに自叙伝『アメリカの前哨(ぜんしょう)線』(1932)、『自伝』(1962)など。1968年11月25日死去。[板津由基郷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンクレアの関連キーワードスリーランメリーランドフェアリーランドメリーゴーランドローランド効果エトはメリーゴーランドおのファミリーランドかみねレジャーランドきたみファミリーランドフリーランダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンクレアの関連情報