コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンザン

2件 の用語解説(シンザンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

シンザン

1961年生まれの日本の競走馬。牡馬(ぼば)。戦後初のクラシック三冠馬。ほか宝塚記念、天皇賞(秋)、有馬記念に優勝。1964年・1965年の年度代表馬となる。種牡馬としても二冠馬ミホシンザンなどを輩出し、1984年には顕彰馬に選出。1996年没。2012年現在、サラブレッド種の日本最長寿記録(35歳3ヶ月11日)を保持。重賞・シンザン記念に名前を残す。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シンザン

競走馬。1961年北海道浦河町松橋吉松牧場生れ。父ヒンドスタン,母ハヤノボリ。1963年京都競馬場の新馬戦でデビュー。1964年4歳時に皐月(さつき)賞,日本ダービー菊花賞の三冠,1965年秋の天皇賞,有馬記念を制して,史上初の五冠馬となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のシンザンの言及

【競馬】より

…このうち皐月賞,ダービー,菊花賞の3レースを制した馬を三冠馬と呼ぶが,これもイギリスで2000ギニー,ダービー,セントレジャーに優勝した馬をトリプルクラウン・ホースというところからきている。イギリスではすでに70年のニジンスキーまで15頭の三冠馬が出ているが,日本では1941年セントライト,64年シンザン,83年ミスターシービー,84年シンボリルドルフ,94年ナリタブライアンの5頭だけである。また有馬記念はファン投票,推薦委員会の推薦により出走馬が選出されるもので,1956年に中山グランプリの名で創設され,第2回からその年に死亡した日本中央競馬会第2代理事長有馬頼寧の名をとって改称された。…

※「シンザン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シンザンの関連キーワードキーストンクモノハナクリノハナスゲヌマタチカゼテイトオートクマサハクシヨウフレーモアホマレボシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンザンの関連情報