コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェーン・エア ジェーン・エア Jane Eyre

2件 の用語解説(ジェーン・エアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェーン・エア
ジェーン・エア
Jane Eyre

イギリスの女流作家 C.ブロンテの小説。 1847年刊。孤児となった少女が自我を主張し続ける波乱に満ちた半生の物語。ジェーンは,幼いとき父母を失って叔母の世話になるが,冷遇虐待を受けて叔母一家に反抗し,孤児院同然の慈善学校へ送られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェーン・エア
じぇーんえあ
Jane Eyer

イギリスの女流作家シャーロット・ブロンテ長編小説。1847年男の筆名で出版され爆発的な人気をよび、作者が女性とわかって、いっそうの話題を巻き起こした。激しい情熱的な気性をもつ孤児ジェーン・エアが、周囲の人々の意地悪や当時の社会の因習にもめげずに雄々しく生き抜き、最後には家庭教師として住み込んだ屋敷の主人と結婚するという物語。[小池 滋]
『遠藤寿子訳『ジェイン・エア』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェーン・エアの関連キーワードセーヤーズブロンテボロー女流作家フォレスターブッカー賞ブロンテ姉妹の家ジェーン・エアハリデ・エディプブロンテ姉妹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジェーン・エアの関連情報