ジバンシー(読み)じばんしー(英語表記)Hubert De Givenchy

日本大百科全書(ニッポニカ)「ジバンシー」の解説

ジバンシー
じばんしー
Hubert De Givenchy
(1927―2018)

フランスのファッション・デザイナー。パリ近郊のボーベ生まれ。パリ大学で法律と美術を学んだ。ファッションをピゲ、スキャパレリなどの店で修業し、1952年にパリで第1回コレクションを発表してデビュー、「モードの神童」とよばれて高い評価を得た。1953年パリに最初のブティックを開いて独立し、1954年映画『麗しのサブリナ』主演のオードリー・ヘップバーン衣装デザインを担当し、そのコスチュームで評判をとった。そののちにも映画に主演するヘップバーンの衣装デザインを担当し、多くの映画ファンの目を楽しませた。1969年には男性ファッションに取り組み、ディオールと並ぶデザイナーとして活躍した。

[編集部 2018年3月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ジバンシー」の解説

ジバンシー
Givenchy, Hubert de

[生]1927.2.21. ボーベー
[]2018.3.10.
フランスのファッションデザイナー。パリのエコール・デ・ボザールに学び,17歳からジャック・ファトのもとで働き始める。その後,何人かの有名デザイナーのもとで修業を積み,1952年オートクチュールの店をもち独立。1957年スペインの著名デザイナー,クリストバル・バレンシアガと組む。むだなディテールのない,端正で古典的なフォルムを特徴とする。映画『ティファニー朝食を』(1961)のオードリー・ヘップバーンの衣装を手がけたことでも有名。プレタポルテの店を 1960年代に開き,ハイファッションを世界中の女性に広めるきっかけをつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ジバンシー」の解説

ジバンシー

フランスの服飾デザイナー。スキャパレリ店を経て1952年独立。ワイシャツ地でつくったベッティーナ・ブラウスや,エレガントでフォーマルなドレスを製作。《ティファニーで朝食を》をはじめオードリー・ヘプバーン出演の映画のコスチュームや,ジャクリーン・オナシスなど著名女性の服のデザイナーとしても知られる。
→関連項目オートクチュール三宅一生モエ・ヘネシー・ルイ・ビトン[会社]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android