コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン・クリストフ Jean‐Christophe

1件 の用語解説(ジャン・クリストフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャン・クリストフ【Jean‐Christophe】

フランスの作家R.ロラン長編小説。全10巻。1904‐12年刊。ベートーベンおよびロラン自身をモデルとする天才的作曲家ジャン・クリストフクラフトの生涯が物語の経糸(たていと)になっている。ドイツラインラント地方に生まれたクリストフは貧困とたたかいつつ音楽家として自立する(〈曙〉〈朝〉〈青年〉)。ドイツの地方都市の因習に反逆し,フランスに去る(〈反抗〉)。しかしパリの文壇,音楽界,政界の腐敗と堕落にも失望する(〈広場の市〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジャン・クリストフの言及

【豊島与志雄】より

…その小説は数が多く,《人間繁栄》(1924),《道化役》(1935),《白蛾》(1946),《山吹の花》(1954)などに収録されている。またユゴーの《レ・ミゼラブル》(1918‐19),ロマン・ロランの《ジャン・クリストフ》(1920)などの訳業があり,名訳としての誉れが高い。さらに《夢の卵》(1927),《エミリアンの旅》(1933)など質の高い童話を多く残した。…

※「ジャン・クリストフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャン・クリストフの関連情報