コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャーマン・アイリス ジャーマンアイリス

2件 の用語解説(ジャーマン・アイリスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジャーマン・アイリス

アヤメ科の多年草。切花・花壇用に栽培される。主としてヨーロッパ原産の数種のアイリスの交雑によってできたもので,園芸品種がすこぶる多く,花色の変化に富む。草たけは30〜60cm,5〜6月に開花。
→関連項目アイリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のジャーマン・アイリスの言及

【アイリス】より

…また小型の球根アイリスも各種あるが,そのうち小アジア,カフカスやイラン原産のイリス・レティクラタI.reticulata Bieb.は高さ10cmくらいで2~3月に直径4cmくらいの紫色や青色の花をつけ,約10品種ある。(2)ビアディッド・アイリスbearded iris群 根茎が発達し,外花被片にひげ状の突起のあるビアディッド・アイリスのうち高さ70cm以上の高性のものが通称ジャーマン・アイリス(英名German iris)(イラスト)と呼ばれる。英米ではトール・ビアディッド・アイリスと呼ばれ,欧米で広く庭植えされ,最も改良の進んだ花である。…

※「ジャーマン・アイリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャーマン・アイリスの関連キーワードグラジオラスクロッカスシャスタデージーデージーリナリア月下香誰故草捩菖蒲檜扇菖蒲エヒメアヤメ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャーマン・アイリスの関連情報