ジャーマン・アイリス(読み)ジャーマンアイリス

百科事典マイペディア「ジャーマン・アイリス」の解説

ジャーマン・アイリス

アヤメ科多年草。切花・花壇用に栽培される。主としてヨーロッパ原産の数種のアイリスの交雑によってできたもので,園芸品種がすこぶる多く,花色の変化に富む。草たけは30〜60cm,5〜6月に開花。内花被は立ち,たれ下がった外花被の基部にひげ状の突起がある。日当りのよいアルカリ性土壌に植え,株分けでふやす。
→関連項目アイリス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のジャーマン・アイリスの言及

【アイリス】より

…また小型の球根アイリスも各種あるが,そのうち小アジア,カフカスやイラン原産のイリス・レティクラタI.reticulata Bieb.は高さ10cmくらいで2~3月に直径4cmくらいの紫色や青色の花をつけ,約10品種ある。(2)ビアディッド・アイリスbearded iris群 根茎が発達し,外花被片にひげ状の突起のあるビアディッド・アイリスのうち高さ70cm以上の高性のものが通称ジャーマン・アイリス(英名German iris)(イラスト)と呼ばれる。英米ではトール・ビアディッド・アイリスと呼ばれ,欧米で広く庭植えされ,最も改良の進んだ花である。…

※「ジャーマン・アイリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報