コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュネーブ議定書 ジュネーブぎていしょ

大辞林 第三版の解説

ジュネーブぎていしょ【ジュネーブ議定書】

平和へいわ議定書

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジュネーブ議定書【ジュネーブぎていしょ】

(1)1924年フランスが国際連盟総会に提出した,国際間の紛争の平和的解決のための保障協定で,自衛以外の武力の行使を禁じたもの。国際連盟総会では承認されたが,英国など各国が批准しなかったために発効しなかった。
→関連項目細菌兵器生物兵器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュネーブぎていしょ【ジュネーブ議定書 Geneva Protocol】

1925年の毒ガス等の使用禁止に関する議定書がこの名称で呼ばれることもあるが,一般には1924年の〈国際紛争平和的処理議定書〉を指す。この議定書は,国際連盟規約を補完するため,1924年10月2日国際連盟第5総会で採択された。その本文は,国際連盟規約より進んだ戦争の一般的禁止を定めたほか,常設国際司法裁判所の義務的管轄を認めるなど,すべての紛争を最終的に連盟理事会等の決定により平和的に解決する体制を確立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュネーブ議定書
じゅねーぶぎていしょ
Geneva Protocol英語
Protocole de Genveフランス語

正式名称は国際紛争平和的処理議定書Protocol for the Pacific Settlement of International Disputes(英語)/Protocole pour le rglement pacifique des diffrends internationaux(フランス語)である。1924年10月2日に国際連盟第5回総会で採決され、前文および21か条からなる。仲裁裁判、安全保障、軍備縮小の3原則によって国際紛争を平和的に解決し、国際連盟の欠陥を補完する目的で作成され、前文では侵略戦争は国際犯罪と規定されている。同議定書は、とくに、あらゆる国際紛争に拘束力ある裁決を下し、解決に導くことを取り決めている。すなわち、常設国際司法裁判所規程第36条2項が規定する紛争の義務的管轄を締約国が承認し、それ以外の紛争は最終的に国際連盟理事会による審査、あるいは仲裁裁判によって解決される。ここに定められた紛争解決手続に付すことを拒否し、また理事会の勧告、裁判判決に反して戦争に訴えた国は、侵略国と認定され、制裁が実施されることになっていた。さらに、議定書の発効は、軍縮計画の採択・実効に従属していた。同議定書には、フランスなど19か国が署名したが、イギリスが1925年3月の連盟第33回理事会で正式に不加入を表明したことが影響し、必要な数の批准が得られず未発効に終わった。フランスを中心とする連盟の安全保障強化のための方策は、相互援助条約案(1923)に続いて挫折(ざせつ)し、この原因となったイギリスは、以後、ロカルノ条約(1925)に結実されるラインラントの安全保障条約案の具体化に乗り出すことになる。[植田隆子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジュネーブ議定書の言及

【化学兵器】より

…以後,交戦国が競争して化学兵器を開発し惨害をもたらした。戦後,大量殺戮兵器の使用を禁止する1925年のジュネーブ議定書が調印されたが,列強国はその後も化学兵器の生産を続けた。第2次大戦中,ドイツはタブン,サリンを開発したが使用しなかった。…

【戦争】より

…この戦争制限は,連盟規約では手続上の問題としてとりあげられた。 1924年ジュネーブ議定書(正式には〈国際紛争平和的処理議定書〉)は,国際紛争解決のために戦争に訴えることはもはや許されないとして,侵略戦争一般を禁止したが,諸国の批准が得られず成立しなかった。一定の範疇の戦争そのものを禁止したのは28年の不戦条約(正式名称は〈戦争放棄に関する条約〉)である。…

※「ジュネーブ議定書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュネーブ議定書の関連キーワードアーサー ヘンダーソン生物毒素兵器禁止条約生物兵器禁止条約国際司法裁判所NBCR兵器ロカルノ条約国際連合憲章ヘンダーソン平和議定書生物学兵器CBR兵器ポリティス催涙ガス軍事技術国際犯罪化学兵器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジュネーブ議定書の関連情報