ジョチュウギク(読み)じょちゅうぎく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョチュウギク
じょちゅうぎく / 除虫菊
[学]Chrysanthemum cinerariaefolium Boccone

キク科の多年草。シロバナムシヨケギクともいう。バルカン半島ダルマチア地方原産。茎は束生し高さ60センチメートルほどになる。根出葉には長い葉柄があるが、茎の上のものほど葉柄は短い。葉は2~3回羽状に全裂し、裂片は細い。6月ごろ長い花茎を出し、径3センチメートルほどの頭状花をつける。頭状花は外側に15~20の白色の舌状花が並び、中央には多数の黄色の管状花がある。開花した花を摘み取り、乾燥したものが日本薬局方の除虫菊で、粉末にして殺虫剤とするほか、蚊取り線香、蚤(のみ)取り粉、農薬の原料とする。殺虫成分はピレトリンとシネリンで、0.8~1.3%含まれる。日本には明治初年に渡来し、1943年(昭和18)ころまでは世界第一の生産国で、その90%が輸出され、重要な特産品の一つであった。主産県は和歌山で、愛媛、岡山、広島、北海道も産地であった。現在は見本的にわずかに栽培されているにすぎない。現在、世界第一の生産国はケニア。日本での栽培法の一例を示すと、9月下旬に苗床に播種(はしゅ)、10~11月か翌年4月に定植し、その次の年の5~6月に開花する花を摘み取る。近縁のアカバナムシヨケギクC. coccineum Willd.、コーカサスムシヨケギクC. caucasicum Whn.も殺虫成分のピレトリンを含むが、含有率がジョチュウギクに比べて低く、花の収量も少ないので、日本では観賞用とされる。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android