ジリエロン(英語表記)Gilliéron, Jules Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ジリエロン」の解説

ジリエロン
Gilliéron, Jules Louis

[生]1854.12.21. ヌーブビル
[]1926.4.26. シェルネルツ
スイス生れのフランス言語地理学者。フランスの高等学術研究院に学び,1883年から同校のロマンス語方言学の講座を担当。 J.P.ルスロとともに『ガロ・ロマン方言会報』 Revue des patois gallo-romans (1887~92) をわし,93年にはフランス方言学会を創立。 97年から4年間,E.エドモンの助力を得てフランスを中心に言語調査を行い,『フランス言語図巻』,『補コルシカ島編』 (4巻,1914~15) を著わし,言語地理学を打立てた。その他の著書『「蜜蜂」を表わす単語の系譜』 La généalogie des mots qui désignent l'abeille (18) ,『言葉の病理学と治療学』 Pathologie et thérapeutique verbales (21) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ジリエロン」の解説

ジリエロン
じりえろん
Jules Gilliéron
(1854―1926)

スイス生まれのフランスの言語学者。ドイツのウェンケルG. Wenker(1852―1911)と並んで、言語地理学の創始者とされる。民間の方言研究家を調査員として、フランス国内639地点で実地調査を行い、その資料を単語ごとに約2000枚の地図にし、『フランス言語図巻(ALF)』Atlas Linguistique de la France(1902~1912)として出版した。その結果わかった方言の地理的分布を基に多くの論文を書き、場所による言語の違いがどんな原因で生まれたかを明しようとした。当時の言語学者が考えたような、例外のない規則的な発音の変化だけでなく、もっといろいろな原因でことばが変わると主張した。この影響で、欧米各国で方言の地理的分布を調べることが盛んになった。

[井上史雄 2018年6月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ジリエロン」の解説

ジリエロン

(Jules Gilliéron ジュール━) スイス生まれのフランスの言語学者。ロマンス語方言学者。「フランス言語図巻」によって、現在の言語地理学の基礎を築いた。(一八五四‐一九二六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ジリエロン」の解説

ジリエロン【Jules Gilliéron】

1854‐1926
フランスの言語学者。言語地理学の創始者。スイス生まれ。22歳のときパリの高等学術実地学校École pratique des Hautes Étudesに入学した。1883年ダルメステテルA.Darmesteterのあとをつぎ,死に至るまで母校ロマンス語方言学の講座の担当者であった。97年から4年間,助手のエドモンE.Edmont(1854‐1926。くしくもジリエロンと生没年が同じ)によって,フランス全域と周辺のフランス語地域638地点を一定の調査項目について実地に面接調査させ,その結果を1946葉(コルシカ島を含む)の言語地図にして発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android