コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウォニムスキ Słonimski, Antoni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウォニムスキ
Słonimski, Antoni

[生]1895.10.15. ワルシャワ
[没]1976.7.4. ワルシャワ
ポーランドの詩人,エッセイスト。青年時代および 1939~51年の間を西ヨーロッパに過す。スカマンデル派の文学者たちと親交深く,その作品は知的で格調高い。形式は古典的。戦間期のエッセーは当時の文化状況を知るうえでの好資料である。 55年国家文学賞受賞。代表作に詩集『黒い春』 Czarna wiosna (1919) ,『格子のない窓』 Okno bez krat (35) ,"Wiek klęski" (45) ,戯曲『ワルシャワの黒人』 Murzyn warszawski (28) ,『家族』 Rodzina (34) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウォニムスキ
すうぉにむすき
Antoni Sonimski
(1895―1976)

ポーランドの詩人、劇作家。医者の家に生まれ、初め画家を志す。両大戦期のグループ「スカマンデル」の中心詩人の一人。はでではないが、抑制された叙情性のなかに人間の孤独、悲しみを歌う一方で、現代の政治問題をも風刺する鋭い感覚を備えている。詩に『ソネット』(1918)、『黒い春』(1919)、『格子(こうし)なき窓』(1935)などがあり、戯曲としては喜劇『家なき医者』(1931)、『家族』(1934)などがある。[吉上昭三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スウォニムスキの関連キーワードユリアン トゥビムポーランド文学トゥービム

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android