コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウォニムスキ スウォニムスキSłonimski, Antoni

2件 の用語解説(スウォニムスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウォニムスキ
スウォニムスキ
Słonimski, Antoni

[生]1895.10.15. ワルシャワ
[没]1976.7.4. ワルシャワ
ポーランドの詩人,エッセイスト。青年時代および 1939~51年の間を西ヨーロッパに過す。スカマンデル派の文学者たちと親交深く,その作品は知的で格調高い。形式は古典的。戦間期のエッセーは当時の文化状況を知るうえでの好資料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウォニムスキ
すうぉにむすき
Antoni Sonimski
(1895―1976)

ポーランドの詩人、劇作家。医者の家に生まれ、初め画家を志す。両大戦期のグループスカマンデル」の中心詩人の一人。はでではないが、抑制された叙情性のなかに人間の孤独、悲しみを歌う一方で、現代の政治問題をも風刺する鋭い感覚を備えている。詩に『ソネット』(1918)、『黒い春』(1919)、『格子(こうし)なき窓』(1935)などがあり、戯曲としては喜劇『家なき医者』(1931)、『家族』(1934)などがある。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スウォニムスキの関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone