コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウォニムスキ スウォニムスキ Słonimski, Antoni

2件 の用語解説(スウォニムスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウォニムスキ
スウォニムスキ
Słonimski, Antoni

[生]1895.10.15. ワルシャワ
[没]1976.7.4. ワルシャワ
ポーランドの詩人,エッセイスト。青年時代および 1939~51年の間を西ヨーロッパに過す。スカマンデル派の文学者たちと親交深く,その作品は知的で格調高い。形式は古典的。戦間期のエッセーは当時の文化状況を知るうえでの好資料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウォニムスキ
すうぉにむすき
Antoni Sonimski
(1895―1976)

ポーランドの詩人、劇作家。医者の家に生まれ、初め画家を志す。両大戦期のグループスカマンデル」の中心詩人の一人。はでではないが、抑制された叙情性のなかに人間の孤独、悲しみを歌う一方で、現代の政治問題をも風刺する鋭い感覚を備えている。詩に『ソネット』(1918)、『黒い春』(1919)、『格子(こうし)なき窓』(1935)などがあり、戯曲としては喜劇『家なき医者』(1931)、『家族』(1934)などがある。[吉上昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウォニムスキの関連キーワードワルシャワ大学ワルシャワ大公国マルシャウコフスカ通りワルシャワ旧王宮ワルシャワ蜂起記念碑ブライダルシャワーワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団ワルシャワの秋音楽祭ワルシャワ決議ワルシャワ・ゲットー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone