スウォンジー(英語表記)Swansea

百科事典マイペディアの解説

スウォンジー

英国南西部,ウェールズ南部ウェスト・グラモーガン州の州都工業都市で同名湾に臨む港湾都市。18世紀以降南ウェールズ炭田の開発とともに発展。銅・亜鉛スズ製錬ブリキ造船製油などの工業が盛んである。23万9023人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スウォンジー【Swansea】

イギリス,ウェールズ南部,ウェスト・グラモーガン州の工業都市で州都。人口18万9000(1993)。地名は〈スウェーンの入江Sweyn’s ey〉を意味するが,ウェールズ語ではアバータウェーAbertawe(〈タウェー川の河口〉の意)と呼ばれる。ブリストル海峡の北岸,スウォンジー湾に面する港湾都市で,18世紀から20世紀初めまでは内陸の炭田で産出する無煙炭の積出港として繁栄し,銅製錬やブリキ生産も行われたが,第2次世界大戦後は石油化学,鉄鋼,造船などの重工業が発展している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウォンジー
すうぉんじー
Swansea

イギリス、ウェールズ南部にある港湾都市。ブリストル海峡に臨む。人口22万3293(2001)。中世以降市場町として発達し、産業革命後はウェールズの無煙炭に依存する冶金(やきん)業が盛んとなった。良港に恵まれ、鉱石、原油、材木などを輸入し、おもに石炭を輸出する。ブリキ板製造は全国生産の大部分を占め、各種金属工業も盛んである。海岸保養地としても知られ、市内にはノルマンの城跡、15世紀の聖メリー教会、スウォンジー大学などがある。[井内 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スウォンジーの関連情報