コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキピオ・アエミリアヌス スキピオ・アエミリアヌス Scipio Aemilianus Africanus Numantinus, Publius Cornelius

1件 の用語解説(スキピオ・アエミリアヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキピオ・アエミリアヌス
スキピオ・アエミリアヌス
Scipio Aemilianus Africanus Numantinus, Publius Cornelius

[生]前185/前184
[没]前129. ローマ
古代ローマの将軍,政治家,小スキピオとも呼ばれる。アエミリウス・パウルスの子で,大スキピオ (スキピオ・アフリカヌス ) の子のスキピオの養子となり,元老院で重視されていた名門貴族との血縁関係に恵まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスキピオ・アエミリアヌスの言及

【ラテン文学】より

…こうして対立してきたギリシア文化とローマ精神は,ルキリウスの中で一種の調和に達したといえよう。前2世紀後半には,階級闘争の社会不安を反映して弁論術が発達し,抑制のきいた古典的な〈アッティカ風〉の演説をローマに取り入れた重厚なスキピオ・アエミリアヌスScipio Aemilianus,民衆の利益を熱烈に擁護したグラックス兄弟など,すぐれた雄弁家が輩出した。
[共和政末期(前1世紀40年代まで)]
 グラックス兄弟の社会改革の試みが失敗したあと,民衆派と貴族派の対立は激化し,これを背景に,マリウスとスラの抗争,スラの独裁と恐怖政治,第1次三頭政治,内乱,カエサルの独裁と暗殺,第2次三頭政治など,大小さまざまな抗争・対立・混乱が続き,ついにローマ共和政は崩壊する。…

※「スキピオ・アエミリアヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スキピオ・アエミリアヌスの関連キーワードウル第3王朝バビロン第1王朝平王スキピオスンガ全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯荘王フィリッポスタレントゥム前田町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone