コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキピオ・アエミリアヌス Scipio Aemilianus Africanus Numantinus, Publius Cornelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキピオ・アエミリアヌス
Scipio Aemilianus Africanus Numantinus, Publius Cornelius

[生]前185/前184
[没]前129. ローマ
古代ローマの将軍,政治家,小スキピオとも呼ばれる。アエミリウス・パウルスの子で,大スキピオ (スキピオ・アフリカヌス ) の子のスキピオの養子となり,元老院で重視されていた名門貴族との血縁関係に恵まれた。ギリシア,ヒスパニアの平定に功があり,前 147年には若年で,法務官 (プラエトル ) の経験もなしに執政官 (コンスル ) となる異例の抜擢を受けた。ラエリウスとともにアフリカのローマ軍を強化,前 146年カルタゴを陥落させて第3次ポエニ戦争を終結させた。前 142年戸口総監 (ケンソル ) ,前 134年慣例を破って法をつくり,再度執政官に就任。ヒスパニアに赴きヌマンチア戦争を指揮,前 133年勝利へと導いた。帰国後義弟の T.グラックス (→グラックス兄弟 ) による改革に反対,彼の死をもやむをえぬと認め,改革派と対立していたが,前 129年急死。不和だった妻センプロニアたちによって暗殺されたといわれるが,真相は不明。優れた軍人で,高潔,教養がありギリシア文化にも造詣深く,ギリシア文化人を招いてサークルをつくった。歴史家ポリュビオスはその一人。 M.キケロは彼を理想化し,『国家について』『友情について』などに登場させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のスキピオ・アエミリアヌスの言及

【ラテン文学】より

…こうして対立してきたギリシア文化とローマ精神は,ルキリウスの中で一種の調和に達したといえよう。前2世紀後半には,階級闘争の社会不安を反映して弁論術が発達し,抑制のきいた古典的な〈アッティカ風〉の演説をローマに取り入れた重厚なスキピオ・アエミリアヌスScipio Aemilianus,民衆の利益を熱烈に擁護したグラックス兄弟など,すぐれた雄弁家が輩出した。
[共和政末期(前1世紀40年代まで)]
 グラックス兄弟の社会改革の試みが失敗したあと,民衆派と貴族派の対立は激化し,これを背景に,マリウスとスラの抗争,スラの独裁と恐怖政治,第1次三頭政治,内乱,カエサルの独裁と暗殺,第2次三頭政治など,大小さまざまな抗争・対立・混乱が続き,ついにローマ共和政は崩壊する。…

※「スキピオ・アエミリアヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スキピオ・アエミリアヌスの関連キーワードパウルス・マケドニクスケルト・イベリア人ハスドルバルクラッスススキピオ家コルネリアマリウス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android