スギゴケ

百科事典マイペディアの解説

スギゴケ

スギゴケ科のコケ植物蘚類。体は緑色で葉の区別がはっきりしており,直立して生育,葉の表面には多数のひだがある。雌雄異株。胞子体は茎頂につき,長い柄の先に子嚢を生ずる。北半球の亜寒〜寒帯に広く分布し,日本には数種あるが,庭園などではオオスギゴケが最もよく見られる。一般にはコスギゴケなどこの仲間の総称となっている。
→関連項目コケ(苔)植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スギゴケ【hair‐cap moss】

厳密には蘚類のスギゴケ科のPolytrichum juniperinum Hedw.という特定の種を指すが,一般にスギゴケという名はスギゴケ属Polytrichumとコスギゴケ属Pogonatumの総称として用いられる。両属は世界に約250種,うち日本に20種ある。茎は直立し,ほとんど分枝しない。葉は線状披針形で尖頭(せんとう),湿ると放射状に広く開出する。葉の表面に多数の薄板(1層の細胞からなる板状の構造)が縦走している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スギゴケ
すぎごけ / 杉苔
[学]Polytrichum juniperinum Willd. ex Hedw.

コケ植物スギゴケ科の1種。高さ3~10センチメートルで直立した茎をもち、葉は披針(ひしん)形で長さ4~9ミリメートル、乾くと緩く茎に接着して、全形が細長くみえる。葉の縁(へり)は内側に折れ畳んだようになり、表面にある薄板を覆うようになる。中肋(ちゅうろく)は葉の先端からすこし突出して芒(のぎ)のようになる。(さく)の柄(え)の長さは、2~8センチメートル。は四角柱状で、若いときは毛の多い帽(ぼう)(蘚帽(せんぼう))で包まれている。日本では北海道から九州にかけての高所にみられるが、分布域は世界各地と広い。
 スギゴケという場合、スギゴケ科の植物を総称して使われることが一般的である。日本で知られているスギゴケ科は6属約30種であるが、いずれも広く開出する葉をもち(まれに退化してなくなるものもある)、茎にはよく発達した中心束がある。は円筒形、球形、角柱形となるが、帽には毛が密生することが多い。すべて雌雄異株で、雄株では茎の先端部の葉が短く、幅広くなり、苞葉(包葉)(ほうよう)とよばれるものに変化して、多数の造精器を包む。オオスギゴケPolytrichum formosumは茎の高さ3~13センチメートル、葉の長さ7~11ミリメートルとなり、葉の縁は内側に巻き込まない。ウマスギゴケPolytrichum communeはオオスギゴケによく似ているが、葉の表面にある薄板の頂端細胞が凸形になっている。両種とも半日陰地の腐植土や湿原の近くなどに多いが、苔庭(こけにわ)の材料としても広く利用される。コスギゴケPogonatum inflexumはニワスギゴケともよばれ、低地の半日陰地の土の上に群生する。茎の高さ1~5センチメートル、葉の長さ5~8ミリメートルで、やや灰色がかった緑色。葉は乾くと著しく縮れる。は円筒形で、長さ1~3センチメートルの柄の上に直立してつく。ハミズニワスギゴケPogonatum spinulosumは低地の半日陰地の湿土上に生えるが、茎、葉は退化してほとんどみられない。地表面に広がる青緑色の原糸体から出る胞子体は、高さ2~4センチメートルの柄をもち、は円筒形となる。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スギゴケの関連情報