コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコープス裁判 スコープスさいばんScopes Trial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコープス裁判
スコープスさいばん
Scopes Trial

1925年アメリカ合衆国テネシー州デートンの高校教師ジョン・T.スコープスが,チャールズ・R.ダーウィン進化論を教えたかどで告発され,大きな話題となった裁判。その争点からモンキー裁判とも呼ばれる。1925年3月,テネシー州議会は,聖書の天地創造説を否定する理論を教えることを違法とした。聖書を字義どおりに解釈するファンダメンタリズムと自由主義的解釈の対立が予想されるこの裁判に,世界の注目が集まった。ウィリアム・J.ブライアンが検察側の代表を,クラレンス・ダローが弁護側の代表を務めた。裁判官は,テネシー州法の合憲性の検証や進化論の正当性に関する議論を控え,スコープスが進化論を教えたかどうかという論点のみに審理を限定した。スコープスが進化論を教えたことに疑いの余地はないとして,有罪判決が下され罰金 100ドルが科された。控訴審で,テネシー州最高裁判所は 1925年のテネシー州法の合憲性を支持したが,過大な罰金を科せられたとの理由でスコープスは無罪となった。この州法は 1967年に廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スコープス裁判【スコープスさいばん】

〈スコープ裁判〉とも。1925年に米国南部のテネシー州で行われた裁判。プロテスタントファンダメンタリズム信奉者の多い南部では,反進化論法によって,聖書の天地創造説に反する理論を教えることが禁じられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スコープスさいばん【スコープス裁判 Scopes Trial】

1925年にアメリカ南部テネシー州で行われた裁判。プロテスタント正統主義(ファンダメンタリズム)を熱心に信奉する南部はバイブル・ベルトとよばれていたが,同年3月テネシー州議会は,聖書の天地創造説に反する理論を公立学校で教えることを禁じた。そのためデートンという小さな町の高校の生物学教師スコープスJohn T.Scopesは進化論を教えて逮捕され,7月に裁判が行われた。これが一躍全米の注目を集めたのは,3回も大統領候補に指名され,国務長官を務めたこともあるW.J.ブライアンが検察側に,当代一流の弁護士ダローClarence S.Darrow(1857‐1938)が弁護側に加わったためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スコープスさいばん【スコープス裁判】

宗教と科学をめぐるアメリカの裁判事件。1925年、聖書の天地創造説に反する理論を公立学校で教えてはならないというテネシー州法に反して進化論を教えたとして、生物教師スコープス(J. T. Scopes)が訴えられ、裁判の結果有罪とされた。67年、同州法は廃止された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のスコープス裁判の言及

【ファンダメンタリズム】より

…そのルーツは19世紀に英米で何度か燃えひろがった千年王国運動や信仰復興(リバイバル)運動の中にあるが,1910‐15年に《The Fundamentals》という小冊子が広範に頒布されてから,一挙に社会問題へと発展した。1925年,テネシー州デートンの公立学校の教師スコープスJohn T.Scopesが進化論を教えたかどで告発され有罪とされた事件(スコープス裁判)は,その典型的な例であった。この事件にみられるように,ファンダメンタリズムは第1次大戦後の共産主義,労働問題,人種問題,暴力など政治経済的もしくは社会心理的要因と結びついているが,元来は近代化に伴う合理主義,世俗主義はキリスト教信仰の根本要素を危うくしているという宗教的批判である。…

※「スコープス裁判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スコープス裁判の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)キリスト教原理主義

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android