コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズムシ(鈴虫) スズムシ

2件 の用語解説(スズムシ(鈴虫)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スズムシ(鈴虫)【スズムシ】

直翅(ちょくし)目コオロギ科の昆虫。体長17mm内外,黒褐色。本州〜九州に分布するが寒冷地にはいない。後翅は羽化後まもなく脱落する。草地の根ぎわの石の下や穴の中にすみ,土中に産卵。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スズムシ【スズムシ(鈴虫) Homoeogryllus japonicus】

直翅目スズムシ科の昆虫(イラスト)。コオロギの仲間で,マツムシとともに秋の鳴く虫の代表の一つ。林の暗い草むらの地ぎわにすむ。成虫は8月ころより現れ,雄は夜間鈴を振るようにリーンリーンと鳴く。本州以南,台湾まで,また中国東北部から北インドにまで分布する。体はやや平たく,雌雄とも体長16mm内外。全体薄黒いが,触角の基部や各肢の腿節の根もとのほう半分および脛節(けいせつ)は乳白色をしている。頭胸部は小さく,触角は長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスズムシ(鈴虫)の言及

【マツムシ(松虫)】より

…淡褐色をした中型のコオロギの1種(イラスト)。スズムシとともに鳴く虫の代表として古くから親しまれてきた虫。別名チンチロリン。…

※「スズムシ(鈴虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スズムシ(鈴虫)の関連キーワード直翅類牙虫子負虫小水虫鈴虫鍋蓋虫椿象塵芥虫挙尾虫長椿象

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone