ちんちろりん(読み)チンチロリン

デジタル大辞泉の解説

ちん‐ちろりん

[名]
マツムシの別名。また、時代・地方によってスズムシをさす。 秋》
《さいころを投げ入れる音から》2個以上のさいころをどんぶりに入れ、出た目によって勝負を争うばくち。
[副]マツムシの鳴き声を表す語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんちろりん

( 名 )
マツムシの俗称。
さいころ賭博の一。茶碗に投げ入れた二ないし数個のさいころの目の出方によって勝負を争うもの。
( 副 )
マツムシの鳴き声を表す語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android