コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズムシソウ

2件 の用語解説(スズムシソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スズムシソウ

北海道〜九州,朝鮮半島の山地林内にはえるラン科の多年草。地表に卵円形の偽球茎がある。葉は2枚対生して根生し,楕円形。夏,葉間から高さ20〜30cmの花茎を出し,上半に褐紫色で長さ約1cmの花を10個内外つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スズムシソウ【Liparis makinoana Schltr.】

冷温帯の湿地や疎林下に生育する夏緑のラン科植物(イラスト)。和名は唇弁の色と形がスズムシを連想させることに由来する。偽球茎のわきから新芽を伸ばし,葉を2枚だし,5~7月,高さ15~30cmの花茎に,総状に花を10個余りつける。花は径約15mm。唇弁が目だち,紅紫色で半透明,平たんで長さ約12~18mm。北海道から九州,朝鮮に分布する。ときに観賞のために栽培される。 スズムシソウの属するクモキリソウ属Liparisは大きな属で,約300種が熱帯を中心に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スズムシソウの関連キーワード温帯林温帯植物疎林暖温帯冷温帯栗葉蘭小一葉蘭好熱菌好冷細菌立木(りゅうぼく)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone