コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタイナー スタイナー Steiner, George

7件 の用語解説(スタイナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタイナー
スタイナー
Steiner, George

[生]1929.4.23. パリ
イギリスの批評家。オーストリアユダヤ人の子として生れ,1940年アメリカに亡命。シカゴ,ハーバード,オックスフォードの各大学に学び,『エコノミスト』誌の編集者を経て,ケンブリッジ大学特別研究員,ジュネーブ大学教授という国際的教養人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スタイナー
スタイナー
Steiner, Max

[生]1888.5.10. ウィーン
[没]1971.12.27. ハリウッド
オーストリア生れのアメリカの映画音楽作曲家。 14歳でオペレッタを発表,1914年に渡米し 29年にハリウッドに進出。『風と共に去りぬ』など多数の映画音楽を作曲した。3回にわたりアカデミー劇映画音楽賞を受けている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スタイナー(George Steiner)

[1929~ ]米国の文芸批評家・小説家。パリ生まれのユダヤ人で、ナチスの迫害を避けて米国に亡命。幅広い教養を背景に、広範な批評活動を展開した。著「言語と沈黙」「青ひげの城にて」「バベルの後に」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スタイナー

米国の批評家,小説家。パリで生まれる。両親はオーストリア系のユダヤ人。1940年,ナチスを逃れて渡米。ソルボンヌ,シカゴ,ハーバード,オックスフォードの各大学で教育を受ける。
→関連項目ドラマトゥルギー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スタイナー【George Steiner】

1929‐
アメリカの文芸批評家。オーストリア系ユダヤ人としてパリに生まれ,英独仏3ヵ国語を駆使する家庭に育つ。第2次大戦中の1940年,単身アメリカに亡命。両親はナチスによる迫害の犠牲になったものと思われる。ハーバード大学(1950年修士号取得),オックスフォード大学(1955年博士号取得)に学んだ後,プリンストン高等研究所研究員(1956‐58)となる。59年,処女評論《トルストイドストエフスキーか》で批評家としての地位を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スタイナー【George Steiner】

1929~ ) パリ生まれの文芸批評家。1940年アメリカに亡命。多言語の知識を礎に、広範な批評活動を行う。著「言語と沈黙」「青髯あおひげの城にて」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタイナー
すたいなー
George Steiner
(1929― )

イギリスの批評家。オーストリア系ユダヤ人を両親としてパリに生まれ、アメリカ国籍をもち、ケンブリッジ大学チャーチルカレッジ特別研究員などを経て、ジュネーブ大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学などで教える。1959年に『トルストイかドストエフスキーか』で出発して以来、ヨーロッパ文学や思想への幅広い教養と多言語的素養を軸にして、文明批評的な評論活動を国際的なスケールで行う。1974年(昭和49)には慶応大学の招待で来日し、日本の英米文学者や批評家たちと激論を交わすなど各界に深い印象を与えた。批評書としてはほかに『悲劇の死』(1961)、『言語と沈黙』(1968)、『脱領域の知性』(1971)、『青ひげの城にて』(1971)、『バベルの後に』(1975)、『アンティゴネー』(1984。邦訳『アンティゴネーの変貌(へんぼう)』)などがあり、小説『サン・クリストバルへのA.H.の移送』(1981。邦訳『ヒトラーの弁明――サンクリストバルへのA・Hの移送』)、自伝『正誤表』(1997。邦訳『G・スタイナー自伝』)などもある。[富士川義之]
『中川敏訳『トルストイかドストエフスキーか』(1968/新装復刊・2000・白水社) ▽由良君美他訳『言語と沈黙』上下(1969、1970/新装版・2001・せりか書房) ▽由良君美他訳『脱領域の知性』(1972/新装版・1981・河出書房新社) ▽桂田重利訳『青鬚の城にて――文化の再定義への覚書』(1973/改題『青ひげの城にて』・2000・みすず書房) ▽ジョージ・スタイナー著、諸岡敏行訳『白夜のチェス戦争』(1978・晶文社) ▽貴志哲雄・蜂谷昭雄訳『悲劇の死』(1979・筑摩書房/ちくま学芸文庫) ▽海老根宏・山本史郎訳『アンティゴネーの変貌』(1989・みすず書房) ▽ジョージ・スタイナー著、生松敬三訳『ハイデガー』(1992・岩波書店/改題『マルティン・ハイデガー』・岩波現代文庫) ▽佐川愛子・大西哲訳『ヒトラーの弁明――サンクリストバルへのA・Hの移送』(1992・三交社) ▽ジョージ・スタイナー著、工藤政司訳『真の存在』(1995・法政大学出版局) ▽工藤政司訳『G・スタイナー自伝』(1998・みすず書房) ▽亀山健吉訳『バベルの後に――言葉と翻訳の諸相』上下(1999、2009・法政大学出版局) ▽ジョージ・スタイナー著、伊藤誓訳『言葉への情熱』(2000・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタイナーの関連キーワードアメリカの声ブルムメンケンオーストリア併合文芸批評・文藝批評アメリカ アメリカアメリカの影アメリカの空オーストリア美術《熱帯アメリカとオーストラリア》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタイナーの関連情報