コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティーブンス スティーブンスStevens, George

2件 の用語解説(スティーブンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティーブンス
スティーブンス
Stevens, George

[生]1904.12.18. カリフォルニアオークランド
[没]1975.3.8. カリフォルニア,ランカスター
アメリカ合衆国映画監督。卓越した撮影技術と,人生を美しく描いた作品で知られる。俳優の両親のもとに生まれ,父親の劇団でマネージャーを務めた。1921年,ハリウッドカメラマンとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティーブンス
すてぃーぶんす
George Stevens
(1904―1975)

アメリカの映画監督。オークランドに生まれる。舞台俳優の両親をもち、1921年に撮影技師として映画界に入る。1930年代にはRKOラジオ・ピクチャーズ社やユニバーサルスタジオ社との契約で、おもに短編コメディ映画を監督する。後に長編映画の監督を始め、キャサリンヘップバーン主演の『乙女よ嘆くな』(1935)、フレッド・アステアジンジャーロジャースGinger Rogers(1911―1995)主演のミュージカル作品『有頂天時代』(1936)で脚光を浴びるようになる。第二次世界大戦に陸軍通信隊の映画班責任者として終戦まで従軍する。戦後、T・ドライサーの小説『アメリカの悲劇』を映画化した『陽のあたる場所』(1951)でアカデミー監督賞を受賞、以後西部劇『シェーン』(1953)、2度目のアカデミー監督賞を受賞した大河ドラマジャイアンツ』(1956)など代表作となる作品を次々と発表、キャリアの最盛期を迎える。多産な職業監督時代に、映像美を追求し、1作品の撮影に長い年月をかけた完璧主義監督としても知られる。[堤龍一郎]

資料 監督作品一覧(日本公開作)

海上御難の巻 The Cohens and Kellys in Trouble(1933)
旅鴉子供連れ Kentucky Kernels(1934)
愛の弾丸 Annie Oakley(1935)
乙女よ嘆くな Alice Adams(1935)
有頂天時代 Swing Time(1936)
偽装の女 Quality Street(1937)
踊る騎士(ナイト) A Damsel in Distress(1937)
ガンガ・ディン Gunga Din(1939)
病院の一夜 Vigil in the Night(1940)
愛のアルバム Penny Serenade(1941)
女性No.1 Woman of the Year(1942)
希望の降る街 The Talk of the Town(1942)
ママの想い出 I Remember Mama(1948)
陽のあたる場所 A Place in the Sun(1951)
生きるためのもの Something to Live For(1952)
シェーン Shane(1953)
ジャイアンツ Giant(1956)
アンネの日記 The Diary of Anne Frank(1959)
偉大な生涯の物語 The Greatest Story Ever Told(1965)
この愛にすべてを The Only Game in Town(1970)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スティーブンスの関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題日露戦争日韓議定書白石葭江橘周太バードヒルゲンドルフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スティーブンスの関連情報