コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステゴドン Stegodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステゴドン
Stegodon

長鼻目ステゴドン科の大型化石ゾウ。屋根型の低い稜をもつ臼歯を特徴とする。マストドンとエレファスの中間に位置し,二生歯性から一生歯性への過渡的段階にあるが,エレファスと平行して進化したもののようである。東アジアからアフリカの新第三紀鮮新世,第四紀更新世中期の地層分布する。日本で発掘されたアカシゾウ,シナゾウ,スギヤマゾウ,トウヨウゾウなどがこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ステゴドン

鮮新世更新世中期に東南アジアで栄えた一群のゾウ。マストドンから進化したもので,インドミャンマー,中国,日本にかけて分布。化石は東京付近など日本各地で発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステゴドン【Stegodon】

長鼻類ステゴドン科の1属。化石ゾウの1グループで,臼歯の形態が,屋根状の稜があることによって特徴づけられ,屋根を意味するギリシア語のステゴスと歯を意味するオドントスから名づけられた。1857年にファルコナーH.Falconerが命名。500万年前の鮮新世から更新世にかけて東および東南アジア,インド,イスラエルに分布し,アジア以外からは知られていない(アフリカ産とされるものは別属のもの)。小型のものから大型のものまで各種各様のものがあるが,頭骨の頂部が平たんで,前面が逆三角形,左右のきばが平行に直に突出しているという共通性がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ステゴドン【Stegodon】

長鼻目の化石獣。全長4メートル 内外。初期のゾウ類で、鮮新世から更新世にかけて、旧世界に生息した。上顎の牙が長い。日本でも出土し、竜骨と称し漢方薬とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のステゴドンの言及

【長鼻類】より

…中新世~更新世に広く分布したマンムト科(マンムトまたはアメリカマストドンMammut,ジゴロフォドンZygolophodon)は前科に似てしばしば同科とされるが臼歯の乳頭状突起が横列を形成する。中新世に現れたゾウ科(ステゴドンStegodon,マンモスMammuthus,現生のゾウ)は下のきばを欠き,臼歯の歯冠部が高く,咬面に多数の横畝があり,草その他の硬い植物を食べるのに適する。 アフリカの始新世~漸新世のバリテリウム科(バリテリウムBarytherium)は下の切歯が大きく,臼歯がメリテリウムに似るが,化石が貧弱で詳しいことがわからない。…

【鮮新世】より

…新生代第三紀の最後の部分で,約500万年前から200万年前までの時代。鮮新世の生物には現在生息している種類が多いが,哺乳類では三趾馬のヒッパリオンや長鼻類のステゴドンなど絶滅したものも少なくない。原始人類とされるラマピテクスはこの時代に生存した。…

【長鼻類】より

…中新世~更新世に広く分布したマンムト科(マンムトまたはアメリカマストドンMammut,ジゴロフォドンZygolophodon)は前科に似てしばしば同科とされるが臼歯の乳頭状突起が横列を形成する。中新世に現れたゾウ科(ステゴドンStegodon,マンモスMammuthus,現生のゾウ)は下のきばを欠き,臼歯の歯冠部が高く,咬面に多数の横畝があり,草その他の硬い植物を食べるのに適する。 アフリカの始新世~漸新世のバリテリウム科(バリテリウムBarytherium)は下の切歯が大きく,臼歯がメリテリウムに似るが,化石が貧弱で詳しいことがわからない。…

※「ステゴドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ステゴドンの関連キーワードステゴロフォドンエレファスゾウステゴドンゾウナウマンゾウトリニール長鼻目漢方薬旧世界旧象怪獣竜骨内外上顎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android