コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス5世(6世) ステファヌスごせい[ろくせい]Stephanus V (VI)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス5世(6世)
ステファヌスごせい[ろくせい]
Stephanus V (VI)

[生]?. ローマ
[没]891.9.14. ローマ
ローマ出身の第110代教皇在位 885~891)。貴族出身。教皇マリヌス1世(在位 882~884)により枢機卿(→カーディナル)に叙階され,885年5月にハドリアヌス3世(在位 884~885)の後継者として教皇に選出された。強い主体性と権威をもって行動し,コンスタンチノープル総大主教フォチオスを承認せず,886年ビザンチン皇帝レオ6世(在位 886~912)を促してフォチオスを国外追放させた。また,モラビアの教会に対して,教皇ヨハネス8世(在位 872~882)によって認められていたスラブ語典礼を禁止したため,スラブ人は東方教会を受け入れるようになった。当時,イタリアはサラセン人(→サラセン)などに侵攻され混乱に陥り,単独統治を求めて複数の貴族が紛争を起こしていた。ステファヌス5世(6世)は東フランク王国の国王アルヌルフ(在位 887~899)に秩序回復を訴えたが,在位中は実現しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステファヌス5世(6世)の関連キーワードフォルモスス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android