コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロエスネル Stroessner, Alfredo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロエスネル
Stroessner, Alfredo

[生]1912.11.3. パラグアイ, エンカルナシオン
[没]2006.8.16. ブラジル, ブラジリア
パラグアイの政治家,軍事指導者。大統領(在任 1954~89)。フルネーム Alfredo Stroessner Matiauda。ドイツ系移民の息子として生まれ,アスンシオンの陸軍大学で学んだのち,1932年に陸軍に入隊。大佐にまで昇進し,1951年には陸軍総司令官となった。1954年軍事クーデターを起こしてフェデリコ・チャベス大統領を追放し,大統領に就任した。政権下でパラグアイの通貨は安定し,インフレーションは緩和し,新しい学校や公共の保健医療施設や道路も建設されたが,国家予算の大部分は,みずからの権力を保持するための民兵組織にあてられた。1975~82年,パラグアイはブラジルとの国境で巨大なイタイプダムの建設に参加。国会や裁判所はストロエスネルの支持者たちで占められ,1967年と 1977年には,6期連続の大統領就任を合法化するための憲法改正も行なわれた。ストロエスネル政権は一部の南アメリカ諸国が反政府勢力を抹殺するために共同で行なった秘密作戦「コンドル作戦」に積極的に関与し,これにより,おびただしい数の不法逮捕や,身柄引き渡し,その他の人権侵害が行なわれた。さらに,ナチスの戦争犯罪人ヨーゼフ・メンゲレを含む何人かの国際逃亡者をパラグアイに受け入れることを容認した。1988年,8期連続で大統領に選出されたが,1989年,軍事クーデターによって追放された。その後ブラジルに亡命し,政治亡命者として受け入れられた。21世紀に入り,パラグアイは「コンドル作戦」に関する罪状でストロエスネルの身柄引き渡しを求めたが,かなわなかった。(→パラグアイ史

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ストロエスネル

パラグアイの軍人,大統領。チャコ戦争などで戦功を残し,1951年将軍に昇進。1954年軍事クーデタで大統領に就任。政治統制と経済成長政策のもとで長期独裁政権を維持。
→関連項目パラグアイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストロエスネル【Alfredo Stroessner】

1912‐
パラグアイの大統領(在任1954‐89)。パラグアイ南部のエンカルナシオン市にドイツ人移民の子として生まれる。職業軍人の道を歩み,チャコ戦争,1947年のパラグアイ南部国境紛争で戦功を残す。51年将軍に昇進後,軍部内最有力者となる。54年軍事クーデタを指揮し,チャベス政権を倒して大統領に就任。軍部とコロラド党の支持で58年以降,大統領に連続当選,政治統制と経済成長政策の下で長期独裁政権を維持していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロエスネル
すとろえすねる
Alfredo Stroessner
(1912―2006)

パラグアイの軍人出身の政治家で、独裁的支配者。同国南部、エンカルナシオンの生まれで、祖父がドイツからの移民。軍事学校卒業後、陸軍軍人の道を歩んで将軍となり、1951年には三軍の総司令官となった。1954年5月、クーデターで政府を倒したのち、同年の選挙で大統領となり、その後軍部と与党コロラド党の支持のもとで35年にわたり大統領を務め、強大な力を背景に反対勢力の鎮圧、一貫した親米外交、経済開発などの政策を行った。この軍事独裁政権は、1989年将軍ロドリゲスAndrs Rodrguez(1923―1997)のクーデターにより倒壊し、ストロエスネルはブラジルへ亡命した。1972年(昭和47)に国賓として来日。[加茂雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のストロエスネルの言及

【パラグアイ】より

…国民的な音楽としてパラグアイ・ポルカ,代表的な楽器にパラグアイ・ハープ(アルパ)がある。
[政治]
 1954年の軍事クーデタにより政権を掌握したストロエスネルAlfredo Stroessner大統領は,88年の選挙で8選を勝ちとり,コロラド党の長期政権を堅持してきた。同政権は一方で国防・治安関係費を増額して反政府活動を抑圧し,政情不安を除去すると同時に,他方で自由開放的な経済政策に基づく経済発展を目指して政権の安泰を図った。…

【パラグアイ】より

…国民的な音楽としてパラグアイ・ポルカ,代表的な楽器にパラグアイ・ハープ(アルパ)がある。
[政治]
 1954年の軍事クーデタにより政権を掌握したストロエスネルAlfredo Stroessner大統領は,88年の選挙で8選を勝ちとり,コロラド党の長期政権を堅持してきた。同政権は一方で国防・治安関係費を増額して反政府活動を抑圧し,政情不安を除去すると同時に,他方で自由開放的な経済政策に基づく経済発展を目指して政権の安泰を図った。…

※「ストロエスネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストロエスネルの関連キーワードコロラド党[パラグアイ]フォス・ド・イグアスアルトパラナ県

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android