コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノータイヤ snow tire

翻訳|snow tire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スノータイヤ
snow tire

路上が氷結したり,積雪の多い場合などに用いるタイヤで,スリップやブレーキがきかなくなることを防ぐために用いるタイヤの総称。一般的には,タイヤのトレッド (最外部ゴム層) のパターン (溝の形状) や構造,ゴム質が積雪路において安定した発進,制動操縦性をもつように設計されたタイヤをいう。 1959年に販売されて以来,都道府県条例タイヤチェーンとともに公認されている。また,スパイクタイヤは,タイヤチェーンに比べ耐久性走行安定性などが特にすぐれており,急速に普及したが,騒音や粉塵が大きな社会問題となり,91年に販売が中止された。また氷上での摩擦係数の高いゴムの研究が進んでおり,スパイクタイヤに代る氷結路面用タイヤとしてスタッドレス (鋲なし) タイヤが開発された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スノー‐タイヤ(snow tire)

雪道用のタイヤ。滑り止めの深い溝をつけてある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スノータイヤ

タイヤチェーンなしでも雪道を走行できるように作られたタイヤ。トレッド(タイヤの接地面)の模様が大きく溝が深いので,雪道でも大きな駆動力と制動力が得られる。トレッドにスパイクを埋め込んで凍結した道路も走行できるようにしたのがスノースパイクタイヤ(単にスパイクタイヤとも)だが,粉塵公害の原因になるので世界的に使用が制限されており,現在日本では販売されていない。
→関連項目タイヤ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

スノータイヤ【snow tire】

雪道走行用の特殊タイヤ。滑り止めの溝を深くしてある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スノータイヤ
すのーたいや
snow tire

通常のタイヤでは滑って走れない雪道を、安全確実に走るためのタイヤ。通常のタイヤよりずっと粗く、かつ溝の深いトレッド(路面と接する踏面)パターンをもつ。凍結した路面用としては、トレッド面に多数の鉄の釘(くぎ)状のピンを打ち込んだスパイクタイヤが使われていたが、舗装路面を削って傷めるのと、削られたアスファルトが乾いて飛散し、人体に害を与えるというので、ゴムの素材やトレッドパターン(滑り止めの溝の模様)に研究を重ね、スパイクなしでも氷雪上で滑りにくいスタッドレスタイヤstudless tireに置き換えられた。また四輪駆動車(4WD)はスパイクタイヤを用いないでも比較的雪道や凍結路に強いので、冬の長く厳しい北国では普及が著しい。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスノータイヤの言及

【タイヤ】より

…乗用車用タイヤの形状は,自動車の走行性能向上とデザインの立場から年ごとに幅が広くなり,タイヤのアスペクト比=(タイヤの断面高さ/タイヤの断面幅)は小さくなる傾向にある。 なお,特殊なタイヤとして,雪路上でも走行できるように設計されたスノータイヤや,スノータイヤのトレッド面にスパイクを埋め込んで凍結路でも走行できるようにしたスノースパイクタイヤ(単にスパイクタイヤということが多い)があるが,後者は粉塵の発生が問題になっている。
[タイヤの特殊現象]
 自動車の安全運転に関係するタイヤの特殊な現象にスタンディングウェーブstanding waveとハイドロプレーニングhydroplaningと呼ばれる現象がある。…

※「スノータイヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スノータイヤの関連キーワードオールテレーンタイヤspike tireフォトモンタージュスタッドレスタイヤブロックパターン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スノータイヤの関連情報