コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベドベリ Svedberg, Theodor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベドベリ
Svedberg, Theodor

[生]1884.8.30. バルボ
[没]1971.2.26. ストックホルム
スウェーデンの化学者。ウプサラ大学に学び,のち同大学教授 (1912) ,および物理化学研究所所長 (31) 。グスタフ・ウェルナー核化学研究所所長 (49~67) 。コロイド化学の基礎研究に貢献,特に超遠心分離技術の開発による蛋白質など高分子化合物の分子量決定,A.ティセリウスと共同になる電気泳動の研究が知られる。沈降係数の単位Sは 10-13 秒でスベドベリ単位と呼ばれる。 1926年ノーベル化学賞受賞。主著『コロイド化学』 (28) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スベドベリ

スウェーデンの物理化学者。ウプサラ大学に学び,1912年同大学教授。コロイド化学の基礎的研究に従事し,大学在学中の1907年にコロイド微粒子のブラウン運動を実験的に証明。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スベドベリ【Theodor Svedberg】

1884‐1971
スウェーデンの生物物理化学者。ウプサラ大学卒業後,同校で研究を続けた(1912年に教授)。コロイド化学からタンパク質の分析研究に進み,超遠心機を考案してタンパク質の分子量を測定した。遠心力による沈降速度の単位Sは,彼の名にちなむ。Sの単位は1×10-13秒である。1926年ノーベル化学賞受賞。初期の研究から,タンパク質にはすべて共通の分子量単位があると唱えたが,この仮説は正しくなかった。【長野 敬】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スベドベリ【Theodor Svedberg】

1884~1971) スウェーデンの物理化学者。ウプサラ大学教授。コロイド化学を研究。超遠心機を作製。タンパク質分子の大きさ・分子量を測定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のスベドベリの言及

【超遠心機】より

…一般に,毎分回転数2万回以上,遠心力加速度が重力加速度の数万倍以上に達する遠心分離機をいう。T.スベドベリの創案によるもので,高分子物質などを溶液中で沈降させるのに使用される。この場合,高分子の分子量,均一性などを調べることを目的とする装置を分析用超遠心機(狭義の超遠心機),沈降を利用して高分子の分離・精製を行うものを分離用超遠心機と呼んで区別する。…

※「スベドベリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スベドベリの関連キーワードA.W.K. ティセリウススヴェードベリスヴェドベリ高分子化合物作製

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android