コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペードの女王 スペードのじょおうPikovaya dama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペードの女王
スペードのじょおう
Pikovaya dama

ロシアの作家アレクサンドル・プーシキンの代表的な中編小説。1834年発表。一獲千金を夢みる貧しい工兵士官ゲルマンは,純情な乙女を欺き,老伯爵夫人を殺して賭博に必勝する秘訣を掌中にするが,最後の勝負に敗れて発狂してしまう。プーシキンはこの作品において伯爵夫人が体現する旧社会を風刺的な筆致で描くとともに,当時ロシアにもようやく興りつつあった資本主義経済という新しい時代の新しい社会的タイプの特徴を初めて描き出した。幻想と現実がみごとにとけあい,簡潔で表現性に富み,整った構成をもつこの中編は,ロシア散文作品の最高傑作の一つで,ニコライ・ゴーゴリ,フョードル・ドストエフスキーに大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

スペードの女王

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーのロシア語による全3幕のオペラ(1890)。プーシキンによる同名短編小説を題材にした作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペードの女王
すぺーどのじょおう
Пиковая дама Pikovaya dama

ロシアの詩人プーシキンの中編小説。1833年秋執筆、34年発表。ロシアに帰化したドイツ人の子で、ドイツ的堅実さのうちに情熱と空想を秘める若い工兵士官ゲルマンは、賭(か)けカルタをかならず勝利に導く奇跡的方法を知る87歳の老伯爵夫人の噂(うわさ)を耳にして野心に燃え立ち、夫人の養女リザベータに恋するとみせて接近し、その手引きで一夜夫人の家に忍び込み、夫人を脅迫する。夫人はショックのあまり死ぬが、葬式の夜その亡霊が現れて、3、7、1の順で一晩ずつ張るというその秘伝をゲルマンに伝える。ゲルマンはあるクラブでの命がけの大勝負で二晩続けて勝って大金を握るが、三晩目の「1」がスペードのクイーンと出たために失敗し、すべてを失って精神異常となる。幻想的、ロマン的な素材を、簡潔ですきのない古典的な構成と文体でまとめあげており、プーシキンのもっとも優れた散文作品の一つとされる。なお、この小説に基づいたチャイコフスキー作曲のオペラ(1890、ペテルブルグ初演)は、ロシア歌劇の代表的レパートリーとなっている。[木村彰一]
『神西清訳『スペードの女王・ベールキン物語』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スペードの女王の関連キーワードプーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)冬の嵐、ペテルブルクに死す プーシキン作「スペードの女王」よりチャイコフスキー(年譜)ニコライ ツィスカリーゼナターリア ウシャコワミハイル プレトニョフヴァレリー ゲルギエフカリタ マッティラプーシキン(年譜)レオ スレザークアンゲラ デノケロシア文学ロシア映画ベヌアスッペズッペ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スペードの女王の関連情報