コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミチオン スミチオン Sumithion

4件 の用語解説(スミチオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミチオン
スミチオン
Sumithion

有機リン殺虫剤(有機リン製剤)。住友化学登録商標で,一般名はフェニトロチオンMEPなど。パラチオンのような殺虫力があり哺乳動物に対する毒性の弱い殺虫剤を目指して開発された。パラチオンの約 100分の1の毒性といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スミチオン

日本で発明された有機リン酸エステル系殺虫剤。パラチオンの誘導体の一つで商品名。人畜毒性はパラチオンより著しく低いが効果は同等。衛生害虫全般に有効で,特にカ,ハエ,ゴキブリに効果著しい。
→関連項目殺虫剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スミチオン【Sumithion】

住友化学工業が開発した有機リン酸エステル系殺虫剤の商品名。一般名はMEP,フェニトロチオンfenitrothion。下に示した化学構造からも明らかなように,パラチオンにきわめて類似した構造を有しているが,哺乳類に対する急性毒性(マウス経口)LD50が1336mg/kgと,パラチオンに比べて著しく低いのが特徴である。殺虫活性はパラチオンに類似し,ニカメイチュウウンカツマグロヨコバイカメムシなどのイネの害虫のほか,モモシンクイガ,ハマキムシアブラムシシンクイムシなど広範な害虫に有効で,現在日本において最も多量に使用されている殺虫剤の一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スミチオン【Sumithion】

有機リン系殺虫剤の一。フェニトロチオン(fenitrothion)の商標名。農水省による一般名は MEP 。松枯れ対策のために空中散布される。神経毒性があり、輸入小麦などへの残留が問題となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スミチオンの関連キーワードダイアジノン燐酸エステルアスコルビン酸エステルアスコルビン酸ステアリン酸エステルアルギン酸エステルカルボン酸エステラーゼリブロースリン酸リボースリン酸リン酸エステル化レチニルエステル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone