コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリラー映画 スリラーえいがthriller film

2件 の用語解説(スリラー映画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリラー映画
スリラーえいが
thriller film

サスペンスを中心にして心理的に恐怖感を与える映画。怪奇映画や推理映画もスリラー映画の手法が使われ応用範囲が広い。『カリガリ博士』 Das Kabinett des Dr. Caligari (1919) ,『マブゼ博士』 Dr. Mabuse (22) などのドイツ表現主義映画で,怪奇性と犯罪性とを折込んだスリラー映画のスタイルができ,A.ヒッチコック監督がこのジャンルをさらに磨き上げ,『三十九夜』 The Thirty-nine Steps (35) ,『レベッカ』 Rebecca (40) ,『疑惑の影』 Shadow of a Doubt (43) など次々とスリラー映画を制作した。また,フランスの H.-G.クルーゾ監督の『悪魔のような女』 Les Diaboliques (54) ほか各国にすぐれた作品が生れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スリラーえいが【スリラー映画】

スリル,サスペンスショックを意図してつくられる映画の総称で,一つのジャンルとして定着するまでは,〈サスペンス・フィルムsuspense film〉〈ショッカーshocker〉などともよばれた。第2次世界大戦中から戦後にかけての1940年代に,犯人捜索や事件解決をめぐる推理的興味よりも人物の行動や環境を〈ハードボイルドhard‐boiled〉とよばれる非情なスタイルで描写して不安や緊張をもり上げるスリラー小説が流行したが,それを反映して〈探偵映画detective film〉の原型の一つといわれるレーモンドチャンドラー原作の《三つ数えろ》(1946)がつくられ,〈スリラーthriller〉ということばが映画にもつかわれるようになったといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スリラー映画の関連情報