スローロリス(英語表記)Nycticebus coucang; slow loris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スローロリス
Nycticebus coucang; slow loris

霊長目ロリス科。体長 35cm内外。体は羊毛状の毛におおわれ,背面は灰褐色,腹部は白あるいは灰白色で,背面正中線に沿って黒色部がある。頭は丸く,眼も丸く大きい。鼻は毛がなく,湿っている。キツネザルのように足の第2指に鉤爪がある。夜行性で,樹上に生活し,群れをつくらない。動作はのろい。昆虫類を主食とするが,ときに植物質も食べる。タイ,インドシナ地方,マレー半島,スマトラ島,ボルネオ島,ジャワ島,フィリピンなどに分布する。近縁種にインドおよびスリランカ産のスレンダーロリス Loris tardigradusがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

スローロリス【slow loris】

ロリス科の哺乳類。体長30センチメートルあまり。四肢は太くて短く、尾はほとんどない。動作はのろく、夜行性。昆虫・トカゲなどを食べる。アッサム・ジャワ・スマトラなどの熱帯雨林にすむ。ドウケザル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スローロリス
すろーろりす
slow loris
[学]Nycticebus coucang

哺乳(ほにゅう)綱霊長目ロリス科の動物。アッサム、インドシナ半島、マレー半島、スマトラ島、ジャワ島、ボルネオ島などに分布する原猿である。頭胴長27~38センチメートル。羊毛状の体毛は灰褐色で、目の周囲と背に暗色部分があり、鼻から額に白線が通る。ショウスローロリスN. pygmaeusは近縁で、頭胴長約19センチメートルと小さく、インドシナ半島の狭い範囲にすむ希種である。[上原重男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スロー‐ロリス

〘名〙 (slow loris) ロリス科の哺乳類。体長約三〇センチメートルで、四肢は太く、尾はほとんどない。東南アジアの熱帯雨林にすみ、夜行性で、動作がのろい。道化猿(どうけざる)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスローロリスの言及

【ロリス】より

…ロリス科はロリス亜科とガラゴ亜科に分けられる。ロリス亜科には,東南アジアに生息するスローロリスNycticebus coucang(イラスト),インドに生息するホソロリス(スレンダーロリス)Loris tardigradus(イラスト),カメルーンからナイジェリアにかけて生息するアンワンティボArctocebus calbarensis(イラスト),ギニアからビクトリア湖にかけて生息するポットーPerodictics potto(イラスト)の4属4種が含まれる。またガラゴ亜科には,アフリカ中南部に生息するオオガラゴGalago crassicaudatus,セネガルガラゴ(ショウガラゴ)G.senegalensis(イラスト)などの1属6種が含まれる。…

※「スローロリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スローロリスの関連情報