コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワンメルダム Swammerdam, Jan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワンメルダム
Swammerdam, Jan

[生]1637.2.12. アムステルダム
[没]1680.2.15. アムステルダム
オランダの博物学者。医学を修めたが医者にはならず,各種動物の顕微鏡研究を進め,M.マルピーギ,A.レーウェンフクとともに三大顕微鏡学者の一人とされる。特に昆虫の研究は著名で,チョウの変態を観察,蛹中に成虫が折りたたまれて入っている事実を見出したことから,前成説を主張したことが知られている。 1658年赤血球を初めて記載し,またリンパ管の弁を発見 (スワンメルダム弁と呼ばれる) 。カエルの発生の研究も進めた。著書『無血動物概観』 Algemeene verhandeling van bloed-loose diertjens (1669) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スワンメルダム

オランダの博物学者。ライデンで医学を修め,一時パリで研究。顕微鏡による諸動物,特に昆虫の精密な観察,解剖を行い,その記録は死後ブールハーフェによって《自然の聖書》(1737年―1738年)として出版されたが,これには赤血球,リンパ管の弁などの初記載が含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スワンメルダム【Jan Swammerdam】

1637‐80
オランダの解剖学者,昆虫学者。アムステルダム生れ。ライデン大学に入学,ホールネJ.van Horne,F.シルビウスに師事。解剖のテクニックに優れ,カエルの筋‐神経標本を用いての筋収縮実験を初めて行いクローンW.Croone,N.ステノらに紹介,精気流入による筋肉拡張説否定の動きに刺激を与えた。また,アムステルダムで解剖グループを結成,多種類の動物解剖を行ったほか,顕微鏡を用いて昆虫の内部構造,発生過程を研究し,アリストテレス以来の昆虫像を一変させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スワンメルダム【Jan Swammerdam】

1637~1680) オランダの博物学者。顕微鏡による昆虫の精密・正確な解剖図を残し、昆虫分類の基礎を築く。赤血球を初めて記載。また、リンパ管の弁を発見した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スワンメルダム
すわんめるだむ
Jan Swammerdam
(1637―1680)

オランダの博物学者、解剖学者。アムステルダムの生まれ。薬剤師で物集めの趣味をもつ父の影響を受け、幼いころより好奇心が旺盛(おうせい)であった。医学を学ぶためにライデン大学に入学した(1661)が、彼の収集した昆虫は学友たちを驚かせたという。フランスにも出かけ、デカルト主義的機械論について議論もした。その影響は肺の運動の説明に反映され、この呼吸の研究で医学博士となった(1667)。また筋肉の収縮においては形は変化するが体積は変化しないことを証明し、筋肉への物質の流入説を否定した。しかし彼のおもな業績は顕微鏡観察によるもので、とくに大学入学以前の赤血球の発見(1658)が有名である。また昆虫学の祖ともいわれ、多くの種の昆虫を解剖し、その生殖法や生活史を記載した。これらの研究は生前あまり知られることがなかったが、死後ブールハーフェによりまとめられ『自然の聖書』Biblia naturae2巻(1737~1738)として出版された。[大林雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスワンメルダムの言及

【前成説】より

…17世紀になって顕微鏡観察がはじまり,それまでは頭部と心臓しか出現していないと思われていた時期に,胚体の諸部分がすでに形成されている事実が,M.マルピーギによって発見された(1672)。またJ.スワンメルダムは,さなぎのなかに成体が折りたたまれて入っていることを明らかにした(1669)。この段階では精子の存在は知られておらず,卵に微小成体が存在すると理解されたので,この型の前成説は卵原説と名づけられている。…

※「スワンメルダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スワンメルダムの関連キーワードオランダ史グラーフ解剖図生物学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android