コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンダルバンス国立公園 スンダルバンスこくりつこうえん Sundarbans National Park

3件 の用語解説(スンダルバンス国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スンダルバンス国立公園
スンダルバンスこくりつこうえん
Sundarbans National Park

インド東部,バングラデシュと国境を接する世界最大のガンジス・デルタ地帯にある国立公園。面積 1330km2。 1984年指定。ベンガル湾にたどり着いたガンジス川,ブラマプトラ川などが大量の土砂を吐き出す大湿地帯にあり,マングローブの密林が形成されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スンダルバンス‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【スンダルバンス国立公園】

Sundarbans National Park》インド東部、西ベンガル州南端にある国立公園。コルカタの南東約60キロメートルベンガル湾に注ぐガンジス川ブラマプトラ川が形成する世界最大のデルタに位置する。広大なマングローブに、ベンガルトラ、ヒョウガンジスカワイルカなどの希少な野生動物が生息。1987年に世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

スンダルバンスこくりつこうえん【スンダルバンス国立公園】

1987年に登録された世界遺産(自然遺産)で、バングラデシュにまたがるインド東部のガンジス・デルタ地帯にある。デルタ地帯はガンジス川、ブラマプトラ川、メガーナ川などの河川によってできた、東西約250km、南北40~80kmにわたる大湿地帯で、世界最大のマングローブ林を形成している。ベンガルタイガーが生息しているほか、ヒョウ、イリエワニニシキヘビ、シカ、サルなどの野生動物や、野鳥なども見られる。こうした、貴重な野生動物の生息地であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はSundarbans National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スンダルバンス国立公園の関連キーワードキナバル山スルツエイヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島世界遺産登録ワッデン海

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone