コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーセントマリー Sault Sainte Marie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーセントマリー
Sault Sainte Marie

アメリカ合衆国,ミシガン州アッパーペニンシュラ (北部半島) 北東端の港市カナダオンタリオ州との境にあるスーセントマリー運河の南岸にあり,対岸のカナダの同名の市とは橋,鉄道で結ばれている。スペリオル湖ヒューロン湖を結び,セントローレンス水路の要衝。 1668年フランスの探検家,宣教師マルケットが最初の植民地を開いた。初期の毛皮取引が衰えてから,鉱石輸送港として発展。人口1万 4689 (1990) 。

スーセントマリー
Sault Sainte Marie

カナダ,オンタリオ州中央部の都市。スペリオル湖とヒューロン湖を結ぶスーセントマリー運河の北岸に位置する。対岸はアメリカ合衆国のミシガン州で,同名の都市がある。スードガストンと呼ばれていたが,1669年改称。セントメリーの早瀬の意。集落の発達は,この早瀬をめぐる閘門,運河の発達と深いかかわりをもってきた。おもな産業は製鉄,造船,パルプ工業。スーセントマリー運河の閘門がある。人口8万 1476 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スーセントマリーの関連キーワードセントメアリーズ川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android