スーパーKEKB(読み)すーぱーけっくびー(英語表記)SuperKEKB

知恵蔵mini「スーパーKEKB」の解説

スーパーKEKB

茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)が開発した素粒子物理の実験施設で、日本で最大の衝突型加速器。高エネルギーの電子と陽電子を衝突させることで宇宙誕生直後に似た環境を再現し、宇宙に物質が誕生した経緯解明するために作られた。地下約10メートル、一周約3キロメートルの円形トンネル内に設置されており、1999年から2010年まで稼働した前身の「KEKB」の次世代型として18年3月に稼働を開始した。同年4月26日、同機構は光の速度と同等まで加速した電子と陽電子の衝突に成功したと発表。前身のKEKBを使って検証され、08年のノーベル物理学賞につながった素粒子物理学の基礎理論「小林・益川理論」では説明しきれなかった宇宙誕生時の謎の解明につながることが期待されている。

(2018-5-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「スーパーKEKB」の解説

スーパー‐ケックビー(SuperKEKB)

高エネルギー加速器研究機構(KEK)の衝突型加速器の通称。平成22年(2010)に運用停止したBファクトリー(KEKB)の約40倍の衝突性能(ルミノシティー)を実現するため、電子陽電子ビーム断面積を約60ナノメートルまで絞り込んだナノビーム方式を採用。標準理論で説明できない現象の解明や新粒子の探索を目標としている。平成30年(2018)3月、本格稼働を開始。スーパーBファクトリー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android