コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズーク ズークzouk

翻訳|zouk

5件 の用語解説(ズークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズーク
zouk

カリブ海に浮かぶ小アンティル諸島ダンス音楽。現地の伝統音楽と欧米のポップスとを融合させてできたもので,1980年代に起った。演奏にはシンセサイザーなどの電子楽器が使われる。語源は「踊りまくろう」という意味をもつ現地の言葉で「ズケー」。その言葉どおり,受入れやすく,親しみやすい音楽となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ズーク(〈フランス〉zouk)

ダンス音楽の一。ビギンなどの伝統リズムと最新のエレクトロニクス技術を融合させたシャープサウンドが特徴。フランスの海外県グアドループ・マルティニークで生まれ、1980年代半ばにはカリブ海諸国だけでなくパリやアフリカでも大流行した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ズーク

カリブ海小アンティル諸島のフランス海外県マルティニクで1980年代初頭に生まれた大衆音楽。この地方の伝統的大衆音楽であるビギンbiguineや1970年代に盛んだったカダンスcadenceの要素を,ソウル・ミュージックロックなど欧米大衆音楽の様式を加味して,シンセサイザーを中心とするエレクトロニクス技術を使って再編成したダンス音楽。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ズーク

ホンダ(本田技研工業)が1990年から製造・販売したスクータータイプのオートバイ。総排気量49cc(原動機付自転車)。エンジン形式は空冷2ストローク単気筒。スケートボードをイメージした、シンプルスリムデザインを施されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ズーク【zouk】

〘音〙 西インド諸島で1970年代末に生まれたディスコ-サウンド。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ズークの関連情報