コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズーク zouk

翻訳|zouk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズーク
zouk

カリブ海に浮かぶ小アンティル諸島のダンス音楽。現地の伝統音楽と欧米のポップスとを融合させてできたもので,1980年代に起った。演奏にはシンセサイザーなどの電子楽器が使われる。語源は「踊りまくろう」という意味をもつ現地の言葉で「ズケー」。その言葉どおり,受入れやすく,親しみやすい音楽となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ズーク

カリブ海小アンティル諸島のフランス海外県マルティニクで1980年代初頭に生まれた大衆音楽。この地方の伝統的大衆音楽であるビギンbiguineや1970年代に盛んだったカダンスcadenceの要素を,ソウル・ミュージックロックなど欧米大衆音楽の様式を加味して,シンセサイザーを中心とするエレクトロニクス技術を使って再編成したダンス音楽。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ズーク【zouk】

〘音〙 西インド諸島で1970年代末に生まれたディスコ-サウンド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ズークの関連キーワードビギン[beguine]ファラーフラ・オアシスイストルオナール山ティリチミール山カラコルム山脈西インド諸島バーミヤーン北村 四郎アムダリアバクトリアホラサーンディスコ梅棹忠夫パミール安川茂雄カブール木原 均チトラルザガジグ北村四郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android