コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セッコウ(石膏) せっこう

百科事典マイペディアの解説

セッコウ(石膏)【せっこう】

天然に産する硫酸カルシウム2水塩CaSO4・2H2Oの鉱物名。単斜晶系の柱状または板状結晶で,硬度2,比重2.32。無色,ときに不純物により灰,黄,赤に着色。
→関連項目水硬性

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっこう【セッコウ(石膏) gypsum】

化学式CaSO4・2H2O。天然に産する硫酸カルシウム二水和物の鉱物名。二水セッコウあるいは結晶セッコウともいう。単斜晶系。薄・厚の板状や,柱状の結晶として産する。双晶も珍しくない。塊状粒状,繊維状としても産する。へき開は{010}に完全で,{100},{011}にもみられる。モース硬度2,比重2.32。ガラス光沢に近い。無色透明,白,灰,帯黄,帯緑,帯赤,帯褐色などを呈する。紫外線下で緑白色の蛍光またはリン光を発することがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

セッコウ(石膏)の関連キーワードポルトランドセメント焼きセッコウ(石膏)ドロマイトセメント黒鉱死蠟

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android