セッコウ(石膏)(読み)せっこう

百科事典マイペディア「セッコウ(石膏)」の解説

セッコウ(石膏)【せっこう】

天然に産する硫酸カルシウム2水塩CaSO4・2H2Oの鉱物名。単斜晶系の柱状または板状結晶で,硬度2,比重2.32。無色,ときに不純物により灰,黄,赤に着色。透明ないし半透明。最も多量に産出する硫酸塩鉱物で,大きな堆積層をなし,岩塩,硫黄,黒鉱鉱床などに伴う。加熱により結晶水の一部を失い硬セッコウ焼セッコウ)となる。ポルトランドセメント凝結遅緩材,紙・ゴムの充填(じゅうてん)材,顔料などに使用。微結晶粒子の集合体からなる塊状の雪花セッコウ(アラバスター)は装飾用,彫刻用。
→関連項目水硬性

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「セッコウ(石膏)」の解説

せっこう【セッコウ(石膏) gypsum】

化学式CaSO4・2H2O。天然に産する硫酸カルシウム二水和物の鉱物名。二水セッコウあるいは結晶セッコウともいう。単斜晶系。薄・厚の板状や,柱状の結晶として産する。双晶も珍しくない。塊状,粒状,繊維状としても産する。へき開は{010}に完全で,{100},{011}にもみられる。モース硬度2,比重2.32。ガラス光沢に近い。無色透明,白,灰,帯黄,帯緑,帯赤,帯褐色などを呈する。紫外線下で緑白色の蛍光またはリン光を発することがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android