コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セットバック セットバック setback

翻訳|setback

6件 の用語解説(セットバックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セットバック(setback)

建物が下の階から上の階へいくにしたがって順次後退し、その外観が階段状になっているもの。
敷地前面の道路が4メートル未満の二項道路の場合、道路の中心線から2メートルの線まで道路の境界線を後退させること。その部分は道路とみなされる。壁面後退。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

セットバック

土地に接する道路の幅員が4m満たない時に、道路の中心から2m後退して建物を建築すること等をいう。つまり、道路の境界線を後退させる事。セットバックした部分は道路と見なされるので、その部分に建物を建築することはできない。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産用語辞典の解説

セットバック

不動産業界では、建築基準法上、斜線制限等により建物の上部を下部よりも後退させること、また、2項道路に接している敷地で道路の境界線を後退させることの2つを「セットバック」といいます。
セットバックとは、英語で「後退」を意味します。
なお、2項道路(幅員が4mに満たない道路)に面している場合には、少なくとも道路中心線から2mはセットバックしないといけません。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

セットバック

都市計画区域内で建築物を建てる場合、建築基準法上の制限に基づき、道路の幅員を確保するために敷地の一部を道路部分として負担する場合の当該負担部分のこと。前面道路が4m未満の宅地に建てる場合は、原則道路の中心から2m後退させて建築しなければならない。道路の反対側が崖か川の場合は、その崖側の道路の境界線から水平に4m以上後退させる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

セットバック【setback】

建築物の外壁を敷地境界線から後退させて建てること。また、建築物の上部を段状に後退させること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

セットバック【setback】

➀上階部分を段階的に後退させ、その外観が階段のようになっている建築物。またはその手法。採光や通風を確保するために用いる。
➁敷地や道路の境界線から後退して建物を建てること。建築基準法では、建築物の敷地は原則として幅4m以上の道路に接していなければならないとされるが、実際には幅4m以下の道路が数多く存在する。そこで、新たに建物を建てる場合には、道路の中心線から2mの位置まで敷地を後退させ、将来的に4mの道路幅を確保しようとするもの。◇「壁面後退」「壁面線後退」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セットバックの関連キーワード支給開始年齢引き上げ偃月後退色上階無限後退ブックデザイン用量-反応関係後退サンドウェーブアルコープレヒツシャイン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セットバックの関連情報