コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セットバック setback

翻訳|setback

デジタル大辞泉の解説

セットバック(setback)

建物が下の階から上の階へいくにしたがって順次後退し、その外観が階段状になっているもの。
敷地前面の道路が4メートル未満の二項道路の場合、道路の中心線から2メートルの線まで道路の境界線を後退させること。その部分は道路とみなされる。壁面後退。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

セットバック

土地に接する道路の幅員が4m満たない時に、道路の中心から2m後退して建物を建築すること等をいう。つまり、道路の境界線を後退させる事。セットバックした部分は道路と見なされるので、その部分に建物を建築することはできない。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

不動産用語辞典の解説

セットバック

不動産業界では、建築基準法上、斜線制限等により建物の上部を下部よりも後退させること、また、2項道路に接している敷地で道路の境界線を後退させることの2つを「セットバック」といいます。
セットバックとは、英語で「後退」を意味します。
なお、2項道路(幅員が4mに満たない道路)に面している場合には、少なくとも道路中心線から2mはセットバックしないといけません。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

セットバック【setback】

建築物の外壁を敷地境界線から後退させて建てること。また、建築物の上部を段状に後退させること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

セットバック【setback】

➀上階部分を段階的に後退させ、その外観が階段のようになっている建築物。またはその手法。採光通風を確保するために用いる。
➁敷地や道路の境界線から後退して建物を建てること。建築基準法では、建築物の敷地は原則として幅4m以上の道路に接していなければならないとされるが、実際には幅4m以下の道路が数多く存在する。そこで、新たに建物を建てる場合には、道路の中心線から2mの位置まで敷地を後退させ、将来的に4mの道路幅を確保しようとするもの。◇「壁面後退」「壁面線後退」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

セットバックの関連キーワードアセットバック証券クライスラー・ビル跳ね上げ式門扉資産担保証券ソバージュロースペリ順次

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セットバックの関連情報