コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セビリアの理髪師 セビリアのりはつし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セビリアの理髪師
セビリアのりはつし

(1) Le Barbier de Séville フランスの劇作家 P.ボーマルシェの喜劇。4幕。 1775年コメディ・フランセーズで初演。理髪師フィガロの活躍によって若い恋人たちが結ばれるまでを描いた,機知に富んだ喜劇。 (2) Il barbiere di Siviglia ロッシーニ作曲の2幕のオペラ。フランスのボーマルシェの戯曲に取材して,C.ステルビーニが作詞した。 1816年ローマで初演。『フィガロの結婚』の前編にあたる筋をもつ機知と風刺とユーモアに富むオペラ・ブッファ。なお,ロッシーニ以前には,G.パイジェロによる同名の作品 (1782) が名作として知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セビリアのりはつし【セビリアの理髪師】

《原題、〈フランス〉Le Barbier de Sévilleボーマルシェの戯曲。4幕。1775年初演。アルマビバ伯爵の恋の成就のため、伯爵の昔の従僕で今は理髪師のフィガロが、機知に富んだ活躍をする散文喜劇。
《原題、〈イタリア〉Il Barbiere di Sivigliaロッシーニ作曲のオペラ。2幕。に基づくもの。1816年ローマで初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

セビリアの理髪師【セビリアのりはつし】

ボーマルシェの戯曲。1775年初演。18世紀スペインのセビリアを舞台にアルマビバ伯爵とロジーヌの恋,これを助ける理髪師フィガロと妨害するバルトロがからんだ喜劇。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

セビリアの理髪師

イタリアの作曲家ジョアキノ・ロッシーニのイタリア語による全2幕のオペラ(1816)。原題《Il barbiere di Siviglia》。フランスの劇作家ボーマルシェによる同名の戯曲に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

セビリアのりはつし【セビリアの理髪師】

〔原題 フランス Le Barbier de Séville〕 ボーマルシェの散文喜劇。四幕。1775年初演。伯爵の恋の取り持ちをする従僕フィガロの、才知に富んだ軽妙な活躍を描く古典喜劇。
〔原題 イタリア Il Barbiere di Sivìglia〕 ロッシーニ作曲のオペラ。二幕。1816年初演。ボーマルシェの同名の戯曲によるオペラ-ブッファで、「フィガロの結婚」の前編にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セビリアの理髪師の関連キーワードジュヌヴィエーヴ ビュジョルドヴェッセリーナ カサローヴァルッジェーロ ライモンディシルヴィオ ヴァルヴィーゾアントニーノ シラグーザエディタ グロベローヴァチェチーリア バルトリフェルナンド コレナテレサ ベルガンサボリス エイフマンオペラブッファ砂原 美智子世良 明芳立川清登野川光雄小澤美和プライ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セビリアの理髪師の関連情報