コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルゲーエフ=ツェンスキー セルゲーエフ=ツェンスキーSergeev-Tsenskii, Sergei Nikolaevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルゲーエフ=ツェンスキー
Sergeev-Tsenskii, Sergei Nikolaevich

[生]1875.9.30. タンボフ
[没]1958.12.3. アルシュタ
ソ連の小説家。詩人として出発したが,のちに散文に移り,『ツンドラ』 Tundra (1903) など絶望と憂愁に閉ざされた短編を発表。続いて『ババエフ』 Babaev (07) ,『野の悲しみ』 Pechal' polya (09) など,民衆への同情をこめてロシアの農村を描いた。革命後は「同伴者作家」の一人として,ネオリアリストのグループに数えられた。代表作『セバストポリの苦悶』 Sevastopol'skaya strada (38) は,クリミア戦争の全貌と,イギリス,フランス,トルコ,ロシアの陰謀の国際的な背景を描いた歴史小説。また第1次世界大戦を扱った3部作『ブルシーロフの突破』 Proryv Burshirova,『大砲は引出される』 Pushka vynuta,『大砲は話しはじめた』 Pushka zagovorila (43~45) は,ロシア帝国陸軍の英雄主義をたたえ,敗北を弁護しようと試みた愛国的作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セルゲーエフ=ツェンスキーの関連キーワードフランス共和国憲法チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ポピュリスト党ロダンゴシケビッチコットシャンボンフィッセル岩崎弥太郎閃長岩

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android