コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・デニス セント・デニスSt. Denis, Ruth

2件 の用語解説(セント・デニスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セント・デニス
セント・デニス
St. Denis, Ruth

[生]1877.1.20. ニュージャージー
[没]1968.7.21. ロサンゼルス
アメリカの女性舞踊家。本姓 Dennis。インド中近東,日本などいわゆるオリエンタル風の舞踊を踊って名声をはせた。 1914年 T.ショーンと結婚し,デニショーン舞踊学校を設立,M.グラハムらのアメリカ・モダン・ダンスの俊英を育てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・デニス
せんとでにす
Ruth St. Denis
(1877?―1968)

アメリカの女流舞踊家。ニュー・ジャージー州に生まれる。小泉八雲(こいずみやくも)の『普賢菩薩(ふげんぼさつ)の話』を題材にした『オミカ』や、インドの物語を舞踊化した『ラッダ』など神秘的・東洋的な作品を振り付け、名声を得た。1914年、弟子のT・ショーンと結婚し、翌年デニショーン舞踊団を組織(離婚に伴い32年解団)し、世界各国を巡演。26年(大正15)に帝国劇場の招待で来日し、『クワドロ・フラメンコ』『ゾキトル』『イシュタールの七つの門』などエキゾチシズムの香りの強い作品を上演している。アメリカ・モダン・ダンスの母といわれ、D・ハンフリーやM・グレアムらを育てた。晩年は宗教的な舞踊の研究と実践に集中した。著書に『終わらざる生涯』(1939)がある。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セント・デニスの関連キーワード菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロ大森貝塚既製服西南戦争大学南校

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone