コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼーゲルコーン ゼーゲルコーンSeger Kegel; Seger cone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼーゲルコーン
Seger Kegel; Seger cone

ドイツの H.ゼーゲルが 1886年に考案した高温測定用具であるが,使い捨てなので計器とはいえない。純アルミナに種々の配合物 (ケイ砂,石灰,ソーダ,ホウ酸酸化鉄酸化鉛など) を加え,通常は高さ5~7cmのわずかに傾いた三角錐体 (コーン) につくる。軟化温度 590℃から 2000℃まで,20~30℃きざみに調合が規定された 59等級があり,SK022から SK42までの番号がついている (SKはドイツ語頭文字) 。軟化点の例を示すと,SK1=1100℃,SK10=1300℃,SK20=1530℃,SK30=1670℃,SK40=1920℃などである。目的温度付近の軟化温度をもつ数本のコーンを炉内に立て,頂部が台につくまで軟化したものの番号で温度を知る。正確な温度測定というより,炉内の焼成の効果の程度を知るのが目的で,窯業でよく使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゼーゲルコーン

ゼーゲル錐(すい)とも。1886年ドイツのH.A.ゼーゲルが考案した窯業用炉内温度測定用具。カオリン,ケイ砂,長石,炭酸カルシウム等を種々に配合,成形し三角錐(高さ約6cm)に焼成した耐火物で,組成を変えることにより軟化温度が少しずつ異なり,ゼーゲル番号(SK)で耐火度を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゼーゲルコーン【Seger cone】

温度計の一種。ゼーゲル錐(すい)ともいう。ドイツ語ではSegerkegel。1886年にドイツのゼーゲルHermann August Seger(1839‐93)により考案された三角温度錐である。一定条件で加熱すると,その軟化変形温度が少しずつ異なるように作られた一連の系統的な温度測定錐で,それぞれの軟化変形温度がゼーゲル番号SKによって表されている。日本では1920年から製造されている。窯業製品を焼く場合に,その焼結状態は温度だけでなく,加熱時間や炉内の状況によっても異なるので,その状態を知るのに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゼーゲルコーン【Seger cone】

窯業用高温計の一。アルミナに混合物を加えて軟化温度の異なる種々の物をつくり、これを約6センチメートルの高さの三角錐にしたもの。窯かまの中に各種のものを設置しておいて、軟化変形の度を見て、その時の温度を知る。1886年ベルリン王立磁器製造所のゼーゲル(H. A. Seger1839~1893)が考案。ゼーゲル錐すい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ゼーゲルコーンの関連キーワード耐火粘土法定鉱物鉱山

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android