コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要注意外来生物 ヨウチュウイガイライセイブツ

3件 の用語解説(要注意外来生物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようちゅうい‐がいらいせいぶつ〔エウチユウイグワイライセイブツ〕【要注意外来生物】

特定外来生物被害防止法による規制の対象外であるが、すでに日本に持ち込まれ、生態系に悪い影響を及ぼす恐れのある生物。環境省が指定する。(哺乳類リスザルフェレット、(爬虫類両生類アカミミガメグリーンイグアナ、(魚類)グッピーソウギョ、(昆虫類)クワガタムシ科、(無脊椎動物アフリカマイマイアメリカザリガニ、(植物)オオカナダモ・セイタカアワダチソウ・外来タンポポなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

要注意外来生物

外来生物法の規制対象となるものではないが、生態系に悪影響を及ぼしうることから適切な取り扱いを求められている生物で、環境省が植物や動物、鳥、魚など148種を指定。青森県は、A~Eまでランク分けしている外来種リストのなかで、アメリカネナシカズラをAランク(侵略的定着外来種)に位置づけている。

(2013-10-10 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

要注意外来生物
ようちゅういがいらいせいぶつ

2005年度(平成17)から2014年度まで環境省が指定していた、生態系へ悪影響を及ぼすおそれがある生物。日本にいる外来生物のうち、輸入・販売・飼育・栽培などについて外来生物法に基づく規制の網がかかっていないものの、外に捨てないなど取扱いに注意が必要であるとして、2005年の外来生物法施行にあわせて指定していた。アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメミドリガメ)、インドクジャク、セイタカアワダチソウホテイアオイなど148種類の生物が要注意外来生物に該当していた。しかし、日本政府が2014年度末に、日本国内の在来種を含め、生態系や人間活動に被害を及ぼすおそれのある生物(侵略的外来種)を新たに「生態系被害防止外来種」として指定したため、要注意外来生物の指定制度は廃止された。
 外来生物法は輸入・販売・飼育・栽培・運搬などを原則禁止する「特定外来生物」にアライグマ、ブルーギル、カミツキガメなど113種類(2015年3月時点)を指定しているが、これ以外にも生態系への影響が懸念される外来種がいる。こうした外来種は生態系への影響の科学データが不足しているうえ、すでに大量に飼育、栽培されている生物もいて、法規制するとかえって不法投棄などを招き、在来種との交雑などで生態系を乱しかねない。このため環境省は要注意外来生物としてリストを公表し、適正な管理や飼育などを呼びかけていた。しかし要注意外来生物には、本来本州以南に分布しながら北海道などに生息域を広げたニホンイタチなど「国内由来の外来種」が含まれておらず、指定基準や指定過程も不明確で、対策も明確ではないといった批判をよんだ。このため政府は2014年度末に生態系被害防止外来種429種類の指定に切り替え、要注意外来生物を生態系被害防止外来種に取り込むことで、発展的に解消した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

要注意外来生物の関連キーワード特定外来生物被害防止法外来生物法外来生物外来生物被害防止法特定外来生物小型兵器訪問購入干害防止効果アメリカミンク特定外来種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

要注意外来生物の関連情報