コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフトバンク ソフトバンク SoftBank Corp.

4件 の用語解説(ソフトバンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフトバンク
ソフトバンク
SoftBank Corp.

インターネット関連の総合情報・通信企業。1981年音声装置多国語翻訳機の発明者孫正義により日本ソフトバンクとして設立。当初は家庭用ゲームソフトウェアなどパーソナル・コンピュータ用パッケージソフトを中心に取り扱う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ソフトバンク

1981年設立。コンピューター用ソフトの販売や米ヤフーへの出資で成長し、2006年に約1兆7500億円で英ボーダフォンの日本法人(旧J―フォン)を買収して携帯通信事業に参入した。08年から4年連続で契約純増数が1位。12年3月期の売上高は3兆2024億円。うち携帯事業は2兆1448億円。

(2012-10-16 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ソフトバンク

グループ会社で携帯電話事業やインターネット接続事業などを展開する企業。昭和56年(1981)設立、平成10年(1998)持ち株会社に移行。主な子会社ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンククリエイティブなど。◇欧文表記は「SoftBank」。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ソフトバンク

正式社名「ソフトバンク株式会社」。英文社名「SOFTBANK CORP.」。情報・通信業。昭和56年(1981)「株式会社日本ソフトバンク」設立。同57年(1982)現在の社名に変更。本社は東京都港区東新橋。総合通信企業グループ純粋持株会社。携帯電話・ブロードバンド・固定電話などの各事業会社を傘下に置く。東京証券取引所第1部上場。証券コード9984。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソフトバンクの関連キーワードソフトバンクモバイルアイティメディアカービューソフトバンク・テクノロジートーシン富士ソフトNTTソフトウェアSSBソリューションヴィンクス東京ソフト

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソフトバンクの関連情報